いじめニュース速報@イジ速

いじめ事件 ・イジメ ニュースを発信中!スマホいじめが増加!子供達をいじめから守ろう!

大津中2いじめ自殺事件真相

いじめが殺人事件にまで発展することもあり、目を覆いたくなるような悲しい事件がマスコミに取り上げられることも多い。そんないじめにまつわる事件の中でも、筆者の心に強く残っているのが「大津中2いじめ自殺事件」だ。 今から7年前の2011年10月11日の午前…

イジメをしてました… 10代が打ち明けた葛藤と後悔!

<16歳 東京都> 6年前、小学校高学年の頃、私は2人の友達と一緒にいじめをしていました。また、その友達と私の中でもいじめがありました。もっとさかのぼれば、いじめというよりかは嫌がらせ、というのを受けて、そのこともずっと覚えています。 随分前…

専門家が考える いじめ解決のポイント

今号では、せたがやチャイルドラインが開催した公開講座「「いじめと不登校~経験者の立場から」の講演抄録を掲載する。講師は、NPO法人「ストップいじめ!ナビ」副代表の須永祐慈さん。須永さんは小学生時代、いじめにより、不登校を経験した。かつての…

春名風花さんが絵本『いじめているきみへ』に込めた思い

今日で8月が終わり、明日から9月が始まる。「9月1日」は1年のうちで“最もこどもの自殺が多い日”。夏休みが終わり2学期が始まるタイミングで、つらい学校に戻らなければならないという思いから、死を選んでしまうことが多いとみられている。 そんななか、いじ…

いじめを生む教室

メディアでは、いじめで子どもが自殺した、というニュースは大きくとりあげられます。 亡くなった子どものことや、いじめの様子についての映像が流れ、悲痛な顔で司会者やコメンテーターが「子どもの心の闇」とか「現代社会の問題」などを語るのですが、結局…

いじめられたとき、音楽に救われた

伸びやかで力強い歌声やメッセージ性のある歌詞が中高生の共感を集め、ツイッターのフォロワーが73万を超えるシンガー・ソングライター伊東歌詞太郎さんは、小学生の時にいじめを受けていました。「休み時間は音楽準備室に隠れていた。音楽が救いだった」と…

9歳少年が自殺 アメリカコロラド州

米コロラド州デンバーで9歳の少年が23日、自殺した。少年の母親は、少年が学校で4日間におよぶ同性愛嫌悪的ないじめを受けたと主張している。 レイア・ピアースさんは地元メディアKDVRテレビに対し、息子のジャメル・マイルズさんがこの夏、自分はゲイだとピ…

壮絶ないじめを経験した高2を支えた俳句

「生きるとは何か 生きるとは『抗う』ことである」 これは、17才の少年が記した一文だ。先月発売された俳句エッセイ『生きる 俳句がうまれる時』(小学館)の冒頭に綴られている。決意に満ちた言葉に、大人も襟を正さずにはいられない。 記したのは、小林凜…

青山テルマのいじめ被害

歌手の青山テルマが、きょう28日に放送される日本テレビ系バラエティ番組『ザ!世界仰天ニュース』(毎週火曜21:00~)で、いじめられた体験を告白する。 (前列左から)笑福亭鶴瓶、片平なぎさ、山口もえ、青山テルマ (後列左から)平野早矢香、岡田圭右、高橋茂…

小・中学校に、いじめ対策SNS相談アプリ「STOPit」を導入

奈良市は、平成28年度から取り組んできた、市立小・中学校における電話やメールを活用したいじめ問題の相談体制をさらに強化するために、対応時間を延長するとともに、市立の小学校としては全国初となる、SNS相談アプリ「STOPit(ストップイット)」を導入す…

いじめのエスカレートの原因「 周りに笑ってほしくて… 」

ひとりになってしまう、怖い 春名さんは、12歳の時に朝日新聞に「いじめている君へ」を寄稿し、大きな反響を呼びました。同じ10代の投稿に、何を感じるのでしょうか。 まず春名さんが注目したのは、「いじめていた私」、つまり加害者たちの投稿でした。春名 …

漫画 「学校がしんどい君」

「うちのクラス、いじめとかないし!」。そう言いながら担任の先生と笑い合うクラスメート。女の子は、その全員から無視されています。「『死ぬな』って言うやつは、どんな地獄にいるか分かってない」……。「ハガネの女」「カンナさーん!」などで知られ、ツ…

いじめでどん底を見た元商社マンが「塾」を作った理由

発達障害、父からのDV、いじめを経験しながらも有名大学から商社に入った安田祐輔さん。うつ病の療養後、不登校や引きこもりを経験した人の学び直しを支える「キズキ共育塾」を設立します。10代の頃は「自分には生きる意味がない」と思い詰めていた安田さ…

子供をいじめで死なせない!「もしものとき」のために、親が知っておきたい本

一九九五年に日本テレビ報道局で教育を担当する社会部記者となり、各地の学校を取材して回っていた頃、ある少女が私に言った。「助けてください。いじめは辛いのです。子どもどうしのことだろうと、放っておいたりしないでください」 教室の中で起きる過酷な…

小5女児自殺 いじめの再調査

兵庫県多可町で昨年5月、小学5年の女児=当時(10)=が自殺した問題で、同町は22日、いじめとの関連を再調査する第三者委員会の設置を決めた。町教育委員会による第三者委が今年7月、学校でのいじめが自殺の要因と認定する調査報告書を発表したが、…

青山テルマ、“大御所歌手”のイジメを告白

歌手の青山テルマが、8月21日放送の『やすとも・友近のキメツケ! ※あくまで個人の感想です』(関西テレビ)に出演。過去に大御所歌手からいじめを受けたことを明かしたものの、ネット上では「いまさら出てきて言うことではない」といった声が飛び交っている…

漫画で綴るパパ頑張れ!娘がいじめられているようです…

「もううそをついたりしないで… 」と訴える

サッカー部のLINEグループから外され、乱暴されるなどしたことで、不登校になり、「教育を受ける権利を侵害された」として川口市を訴えた栃尾良介さん(仮名)が、現在の心境を手紙で筆者に知らせてくれた。良介さんは川口市教委を指導した文科省や県教委には…

防衛大学でいじめ

月平均 規律違反10人・処分5人 背景に「命令と服従」 自衛隊幹部の養成機関である防衛大学校(学生数2010人、神奈川県横須賀市)で上級生らによる下級生への暴行、いじめ、セクシュアルハラスメントなど反社会的な「服務規律違反」が横行しています。…

彼女がいじめをしていた… 彼氏、ドン引き!

いじめへの目が厳しくなっている昨今、たとえ過去のことであろうと彼女がいじめを主導していたと知ったら、愛が冷めてしまう男性は少なくないようだ。 しらべぇ取材班は、彼女がいじめっ子だというのを知ったことがある男性たちに話を聞いてみた。 ①良い子に…

上沼恵美子、いじめ受けた息子の担任に怒り

タレントの上沼恵美子(63)が27日放送の関西テレビ「快傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演し、いじめを受けていた息子の担任教師が放った一言を明かして怒りをぶちまけた。 「夫が忙しかったので父と母、両方やらせて頂きました」と子どもに厳…

いじめを受けた女子「公立中に進学してたら死んでたかも」

“親子の受験”といわれる中学受験。思春期に差し掛かった子どもと親が二人三脚で挑む受験は、さまざまなすったもんだもあり、一筋縄ではいかないらしい。中学受験から見えてくる親子関係を、『偏差値30からの中学受験シリーズ』(学研)などの著書で知られ、…

館山中2自殺「いじめはあった」と認定

館山市で2008年9月に当時中学2年生の男子生徒が自殺した問題で、自殺といじめの関連を調べる第三者委員会が30日、館山市内で開かれ、報告書を9月10日までにまとめる方針を決めた。大野精一委員長は「合理的推論からすると、いじめを認定せざるを…

道徳の教科化でいじめ教育

道徳の教科化は、2013年、いじめ問題への対応として教育再生実行会議で提言されたものであり、文科省も道徳を教科化し「考え、議論する道徳」へと転換することがいじめの問題に正面から向き合うものであるという立場をとっている。だから、道徳科はいじめ防…

いじめにNO! 子供対象のセミナー

文部科学省が平成28年度(2016年度)の 小中学校、高校、特別支援学校におけるいじめの認知件数は32万3808件と過去最多と発表するなど、人権の問題は子どもたちにとって身近なテーマです。そのような中、ユース・フォー・ヒューマンライツは7月24日(火)つ…

果たして… 第三者委員会は本当に遺族の希望をかなえられるのか?

わが子が学校でいじめにあったら、家族はどう対処したらいいのか。教育委員会や学校のあまりにも形式本位で不誠実な壁が親たちの前にたちはだかっていた。番組が神戸と青森の事例から指摘したのは、教育とも事実調査ともあまりにかけ離れた実態だった。 【神…

日本の学校では年間32万件のいじめが認知

兵庫県で小学5年生の女子児童が昨年5月に自殺した件で、第三者委員会はいじめが要因になったと結論づけた。こうした事件は世間の耳目を集めるが、遺憾ながら氷山の一角に過ぎない。国内のいじめの状況の包括的な調査としては、文部科学省による『児童生徒の…

不登校をセパタクローが救う

この夏、ちょっと不思議な設定の小説「セパ!」がポプラ社から刊行されました。昨年の同社「ズッコケ文学新人賞」の大賞受賞作です。主人公は、劣等感のカタマリ、自信なし、コミュ力なしの男子中学生です。学校に行けなくなっていたある日、東南アジアの伝…

いじめからの奇跡の学び直し塾、人気の秘密!

発達障害、うつ、ひきこもり。自らの困難に満ちた人生経験を活かし、再チャレンジのための塾「キズキ共育塾」を起業した安田祐輔さん(キズキグループ代表)。先日初の著書『暗闇でも走る 発達障害・うつ・ひきこもりだった僕が不登校・中退者の進学塾をつく…

子供に好かれる保育士は同僚に嫌われる

男性の彼女にしたい職業の上位に常にランクインする保育士や幼稚園教諭。子供好きなところや、清楚で素朴などいいイメージも多いが、職場は女の園。世間で騒がれている低賃金よりも、陰湿ないじめで退職する人も少なくないという。そのいじめはいかほどのも…