いじめニュース速報@イジ速

いじめ事件 ・イジメ ニュースを発信中!スマホいじめが増加!子供達をいじめから守ろう!

「いじる」側と「いじられる」側 加害の重さ問う

大津いじめ判決 「いじる」側と「いじられる」側―。ゆがんだ関係の下で繰り返された嫌がらせや暴力によって男子生徒は精神的に追い詰められ、自ら命を断った。いじめという行為の重大さに厳しい姿勢を示した判決だ。 大津市で2011年に中学2年生が飛び降…

「いじり文化」といじめは紙一重

文部科学省で事務次官を務めた前川喜平氏が、読者からの質問に答える連載「“針路”相談室」。今回は、いじめ問題に心を痛める方からの相談です。* * *Q:子どものいじめ問題に心を痛めています。これまで何人の子どもがいじめに悩み、どれだけの尊い命が失…

隠蔽する大人たち

2011年10月に大津市の中学2年の男子生徒(当時13歳)が自殺したのはいじめが原因として、遺族が加害者の元同級生3人と保護者に慰謝料など約3850万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大津地裁の西岡繁靖裁判長は19日、「自殺は元同級生2人の暴行や人間関係が…

新潟市の青陵高校で発覚した集団暴行動画のネット拡散

新潟市の青陵高校で発覚した集団暴行動画のネット拡散。新潟県内では昨年もいじめの様子を撮影した動画がSNSに投稿されるなど、同様の被害が出ている。SNSがいじめに利用されると、直接関わった生徒を超えて多くの人に広まる二次被害を生むこともあり…

いじめ年間41万件=4校に1校「ゼロ」報告

大津市で中学2年の男子生徒が自殺したのを契機に、いじめ防止対策推進法が成立してから5年が経過した。いじめの認知件数が年間41万件を超える一方、小中高校などの4分の1が「0件」と報告しており、学校側の対応には温度差があるのが実情だ。 同法は、…

親が法的にできること

2011年に大津市で起きた中2いじめ自殺事件。大津地裁が元同級生である加害者3名のうち2名に約3700万円の賠償を命じた。わが子がいじめの被害を受けた時、親として法的に何ができるだろうか。 【「いじめ」とは】 この大津のいじめ自殺事件を契機として、2013…

「いじめでうつ」賠償命令

福島県内の私立高校で柔道部の同級生男子3人からいじめを受け、うつ状態になったなどとして、元生徒の男性(20)が3人に計約880万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福島地裁(遠藤東路裁判長)は19日、「精神的苦痛は多大」として計約166万円…

フランスの記者が女性にネットいじめ

フランスメディアで働く若い男性記者がフェイスブックで非公開グループを作成・運営し、グループ内で嘲笑するターゲットを決め女性記者らにネットいじめをしていたことが明らかになり、現在フランスでは連日話題となっている。 「LOL同盟(Ligue du lol)」…

SNSで悪ノリ

教師が生徒から口汚く罵られて手を出した。その様子を別の生徒が撮影しており、動画は瞬く間に全国へ。「ツイッターで(先生を)炎上させようぜ」というまた別の生徒の声が入っていたため、やりすぎだと生徒側が炎上するハメに……。 都立高校で発生した教師の…

少年院上がりのアイドル

少年院上がりアイドルとして知られる、戦慄かなのが14日放送のバラエティ番組『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演。成人式に参加する姿に、ファンから絶賛の声が上がっている。 ■親孝行のために成人式に参加 20歳を迎え、保護観察もとれた戦慄が成…

周囲の子に「オカマ」と呼ばれるようになった

小学校2年生の頃から、周囲の子に「オカマ」と呼ばれるようになった僕。ある日、担任の先生は僕を黒板の前に立たせ、クラスのみんなにこう問いかけた。 「七崎くんって、『オカマ』なのかな?」 議論の結果、僕は「ふつうの男の子」であるという結論が出て、…

いじめではなく遊び 川口市

川口市立中学校に通っていた元男子生徒(16)=現在高校生=がいじめを受けて不登校になったのは学校や市教育委員会が適切な対応を怠ったためとして、市側に損害賠償を求めた訴訟で、「いじめ」と認定した市の第三者委員会による調査報告書を市側が否定す…

教師が自殺した生徒にしていた事

山口県立高校で起きたいじめによる自殺事件。再調査の結果教員によるいじめも認定され、各所から多くの驚きの声が上がりました。 教師がいじめに加担するという悲劇を繰り返さぬよう取るべき対策について記しています。 教師は「いじめ」から逃げてはいけな…

残虐ないじめの裏側にある真実

連載当初から過激で狂った設定が話題になっていた本作。 テーマは「いじめ」ですが、ただの「いじめ」ではありません。 主人公の男子高校生・仲島は、クラスに君臨する「いじめっ子」。いじめの対象は儚げな女の子・白咲さん。 暴虐の限りを尽くし、彼女は毎…

「第三者の介入」がいじめ解決の糸口

もしわが子や自分自身がいじめやトラブルにあった場合、どこにどう相談すべきなのか。子供や母親同士のいじめ問題に詳しいレイ法律事務所の高橋知典弁護士は「ハードルが高く感じるかもしれないが、弁護士に相談するのも手」だと言う。 「厳しい指導をすれば…

顔の見た目でいじめられた過去

恋をするとき、あなたは相手の外見をどれほど気にしますか? 顔の変形やマヒ、傷痕など特徴的な外見のためジロジロ見られ、学校や就職で苦労する「見た目問題」。恋愛や結婚でも壁にあたりつつも、幸せをつかんだ人たちがいます。 「おまえになんか、基本的…

「イジられる側はいじめと変わらない」

6日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)での、獨協大学経済学部特任教授の深澤真紀氏の指摘に称賛が集まっている。 この日の同番組では2016年、山口県の高校2年生が自殺した事件を紹介。検証委員会の調査によって、教職員から全校生徒の前で名前を呼ばれて笑…

教員が生徒にいじめ行為

教職員からの“いじめに類する行為” 5項目 山口県周南市で2016年に高校2年の男子生徒が自殺した問題で、検証委員会は生徒からのいじめだけではなく、教職員らによる5つの“いじめに類する行為”があったと発表。これを受けて男子生徒の遺族は2月6日に会見を開き…

「オマエの荷物全部池に捨てる」

山口県周南市で2016年、県立高校2年の男子生徒(当時17)が自殺し、いじめの有無を調べていた調査検証委員会は5日、報告書を公表した。LINEメッセージによる仲間外れなど、いじめがあったと認定し、自殺に影響があったと結論づけた。 男子生徒は…

ユーチューバーのわかにゃんがいじめ問題などを告発

VAZ所属ユーチューバーのわかにゃんさんが、同社の給与未払いや事務所内いじめ問題などを告発した。これに関してわかにゃんさんは2月4日、自身のユーチューブチャンネルに「VAZいじめ騒動について、全員で解決いたしました。」という動画を投稿した。 1月下…

韓国でいじめを受けているわが子を守るため、親たちの独自の対策!

学校でいじめを受けているわが子を守るため、韓国の親たちは独自の対策に乗り出した。いかつい体に入れ墨を入れた偽の「親戚のおじさん」を雇って、いじめの加害者の元に差し向けているのだ。 地元メディアによると、わが子を同級生のいじめから必死に守ろう…

スポーツといじめの関係

子どもの発達科学研究所主席研究員 和久田 学 2018年ほどスポーツ界がニュースで取り沙汰された年はなかったかもしれない。良い話題もたくさんあったが、ここで注目したいのは「いじめ」に関するものだ。部活でのいじめを示唆する中高生の自殺事案をはじめ、…

小学校2年生に対するいじめが母子心中という結果に

小学校2年生の児童に対するいじめは、いたましい母子心中にまで発展してしまった。とても悲しいことですが「いじめ」は繰り返し起きています。 いじめが起きると新聞、テレビは大きく取り上げ、原因は「地域の教育委員会や校長・教師」の責任として追及しま…

M-1グランプリ」で史上最年少王者となったせいやがいじめの体験談を再現ドラマで放送

1月28日に『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)が放送され、ゲストにお笑いコンビ霜降り明星のせいや(26)が登場。昨年の「M-1グランプリ」で史上最年少王者となったせいやだが、高校時代に受けたいじめの体験談を再現ドラマで放送した。 高校入学初…

いじめを受け母子共に心中!

仙台市教委は25日の定例教育委員会で、昨年11月に泉区で寺岡小2年の女児(8)へのいじめを苦に母親が2人で無理心中したとみられる事件を報告した。非公開の会議終了後、佐々木洋教育長は「客観的、公平な立場で事実の解明、学校と市教委の対応を検証…

「父親からいじめを受けていたと訴えるも…」女児死亡

千葉県野田市のマンション一室で小学4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が死亡し、傷害容疑で父親が逮捕された事件で、心愛さんが2017年に通っていた市内の小学校に「父親からいじめを受けた」と訴えていたことが26日、捜査関係者への取材でわかった…

人工肛門袋を装着して少年「くさいと…」クラスメートらからいじめられ自殺!

米ケンタッキー州で、10歳の少年が命を自ら絶った。慢性の腸疾患を抱えていた少年は、そのことをいじめのネタにされていたようだ。たったひとりの我が子を失った母親は、学校側のいじめへの対応について非難している。『New York Post』『The Sun』などが伝…

先生に言っても無駄…

必要なのは教師の「意識改革」 2017年、広島市の中学校で女子生徒が、いじめを苦に自ら命を絶った。後を絶たない“いじめ”。私たちは、繰り返される悲劇をどうすれば防ぐことができるのだろうか? 「いじめは“絶対悪”で“犯罪”ですから…。 “悪”ですから、絶対…

いじめが原因で非行に走りかけた姉妹の更正を」作文で受賞

愛媛県西条市立西条北中学3年の木村優さん(15)と山之内珠寿さん(15)が、第68回「社会を明るくする運動」作文コンテスト中学生の部で日本更正保護協会理事長賞(中央推進委員会優秀賞)を受賞し、このほど松山市の松山保護観察所で表彰式が行われ…

改善されない看護師の「イジメ文化」

ソウル医療院で働いていた20代の看護師Aさんの死が、週末にわたって議論になった。彼女は5日、自宅で自ら命を絶った状態で発見された。Aさんが家族に残した自筆遺書の内容である。「ママ、大好きです。私を見つければうちの病院には行かないで。ママ、…