読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いじめニュース速報@イジ速

いじめ事件 ・イジメ ニュースを発信中!スマホいじめが増加!子供達をいじめから守ろう!

いじめ撲滅ボクシング大会

「いじめ撲滅ボクシング大会」が1日、大阪・道頓堀に野外リングが設置されて行われた。金沢ジムの金沢英雄会長が発案し、今回が4度目。西日本ボクシング協会会長の井岡弘樹氏、世界3階級制覇王者・井岡一翔(井岡)らが見守る前で13試合、キッズボクサー26人が熱戦が繰り広げられた。

 初ゲスト参加の一翔はリングに上がり、「キッズの試合が行われるので僕も駆け付けました。世界王者になるとか夢があると思う。頑張ってください。僕も皆さんに尊敬されるような王者になる」と、力強くあいさつした。

 同大会は次回7、8月を予定し、熊本地震被災した子供たちを勇気付けることを目的に大分市での開催を計画している。金沢会長は「車の中で怖くておびえている子供もいると聞きます。元気づけたい」と話した。九州のジムで練習を積むキッズボクサーを集め、被災した子供らを無料招待する考えだ。

 井岡弘樹会長も西日本協会挙げて、被災者を支援していく。「玉名市熊本県)でキャンプも行ったことがあるし、僕の母の出身は宮崎だし個人的にも縁がある。役に立てたら。協会から最低100万円の義援金と個人的にもしようと思う」と話した。この日も募金箱を持ち、熊本支援を訴えていた。