読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いじめニュース速報@イジ速

いじめ事件 ・イジメ ニュースを発信中!スマホいじめが増加!子供達をいじめから守ろう!

『いじめ』という言葉を安易に使わないで」

f:id:ryoushinn11:20170304103352p:plain

東京電力福島第一原子力発電所の事故で横浜市自主避難した生徒が、転校先で同級生からいじめられ、さらには約150万円を支払わされていた問題。

この件について、市教育委員会岡田優子教育長は、関わった同級生が「おごってもらった」と話していることから、「金銭要求をいじめと認定するのは難しい」との見解を示していた。この判断に乙武氏は「まず横浜市教育委員会は、こういう判断を下すに当たって、まだ公表していない事情があるなら、即刻表明した方がいいと思う」とコメント。続けて「公表するべき事情がないのに、この判定を下したなら、本当にどうかしているとしか思えない」と、厳しく批判する。

さらに乙武氏は、このようないじめ報道がある度にメディアにお願いしていることがあると明かす。それは「『いじめ』とか『体罰』っていう言葉を安易に使わないで欲しい」ということで、乙武氏は「こんなの恐喝罪だし、教師の体罰っていわれることは、ほとんどは傷害罪なんですよ」と訴えたのだ。

そして、乙武氏は「学校の中は別に治外法権ではないので、きちんと法律に照らし合わせて、おかしいことはおかしいと判断していかないと」と主張する。また、安易に「いじめ」などの言葉を使うことで、「学校では起こりがちなことだよね」となってしまう現状を危惧し、「いつまでもこれ、なくせないと思うんですよね」「本当に許しがたい」と、問題の根深さに言及したのだった。