読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いじめニュース速報@イジ速

いじめ事件 ・イジメ ニュースを発信中!スマホいじめが増加!子供達をいじめから守ろう!

HP管理人が明かす「いじめ被害者」からの脱出法

■「いじめと戦おう!~対策と克服法~」管理人が語る
2017年になって2カ月、相変わらず全国で報告される「いじめ」のニュース。
うちの子、本当にいじめられてない? ママのための「Yes、Noチェックリスト」
沖縄市では、中学校に通う男子生徒が同級生から一方的に殴られ、蹴られといった暴行を受け、その行為が撮影した動画がインターネットで広まりました。
また、横浜市では、福島第一原発の事故後に福島県から転校した小学生(現中1)がいじめにあい、総額約150万円を払っていたことがわかりました。
1月20日には、横浜市教育委員会が「いじめ認定が難しい」という判断をしたことから、物議を醸しました。(その後、2月13日には「いじめの一部として認識し、再発防止を検討する」との考えを示しました)
この年代のお子さんがいるママにとって、「いじめ」は気になるテーマかと思います。いつ自分のお子さんが被害にあうか……。
ただ、気になってお子さんに問いかけても、なかなか正直にその状況を話してくれるケースは少ないもの。余計に気になって仕方ありませんよね。
いざ、自分がいじめの当事者となった時、おそらくお子さんはその状況に混乱し、冷静ではいられなくなるかと思います。
しかし、それ以前にママがいじめの「仕組み」をしっかり理解し、また、そのことをお子さんに伝えることができていれば……、最悪の事態を避けることができるのではないでしょうか。
今回は、このいじめの本質部分について考えてみたいと思います。

書籍『いじめから脱出しよう!: 自分をまもる方法12か月分』の著者・玉聞伸啓さんは、東京都大和市役所で働きつつ、ホームページ「いじめと戦おう!~対策と克服法~」の管理人。
2007年からあるこのHPには、いじめに関する悩みを抱える多くの方からの相談が届きました。その数なんと800人以上。
玉聞さんは、これらの相談から、「時期によって相談内容に傾向があることや、いじめっ子のねらい、いじめが起きるまでの流れ」などがわかるようになったといいます。
■なぜいじめっ子はいじめを行うのか
同書での指南の一つに、「いじめっ子の習性」があります。なぜ、彼らはいじめをするのか、についてです。
例えば、こんなケース。
いじめをする側にはリーダー的な存在がいます。音頭をとっていじめを始め、うまく盛り上げながら、周囲に仲間を加え、どんどんその体制を大きくするのです。被害者からすると、目も合わせたくない存在です。
そんないじめっ子のリーダーが、いじめの対象者と教室などで2人きりになったら……。
いじめられている方からすると、たまったものではありません。今度は何をされるのか、と身構えてしまうのも当然。
しかし、多くの場合は「何もされない」と、同書で紹介されています。つまり、何もしないで、スッとどこかへ行ってしまうのです。
これが女子の場合だと、ニコニコと話しかけてくることも。一緒になっておしゃべりをして笑う。「ひょっとしてこれは、いじめが終わったのでは」と、思ってしまうほど仲良く接するのです。

そこに深い意味があるわけではありません。普通におしゃべりをしているのです。
しかし、翌日。前日のように2人きりではなく、いつものいじめっ子友だちと一緒にいる時に接触すると……、ニコニコと話しかけるわけでもなく、いつものいじめが始まってしまうのです。
この行動から、なぜいじめっ子はいじめを行うのか、その目的がわかると玉聞さんは語ります。
というのも、本当にいじめたいのであれば、「教室で2人きりの状況」は絶好のチャンス。ですが、何もしない。それどころか、優しい態度をとることも。
つまり、彼らはいじめの対象者が憎いのではなく、自分たちの周囲にいる仲間の存在が大きいのです。意識が仲間にいっており、彼らを楽しませようと思い、いじめ行為をするのです。

実は、いじめっ子は相手の苦しんでいるところを見たくていじめるわけではないのです。そうではなくても、周りの人(特に友だち)を楽しませるために行います。

そして、本人は自分が楽しむためにしているわけではないので、『これはいじめではない』と考えます。どんなにひどいことをしても、友だちが喜んでくれれば満足します。出典『いじめから脱出しよう!: 自分をまもる方法12か月分

これが多くの場合の“いじめの構造”だと言えるでしょう。
一度、その対象となってしまったら、大人でもパニックになるいじめ。
もちろん、全てがこのケースではありませんが、予め構造を知っておくことは大切です。いじめっ子の意識は、被害者ではなくもっと別のところにあるのです。

いじめっ子の心情を把握しておくだけで、目の前のいじめ行為が陳腐なものに見えてきますし、「相手にしなければ良い」とどっしり構えることができますよね。日頃から、こういったお話をお子さんとしても良いでしょう。
■2~3月に、具体的にするべき行動とは
玉聞さんの教えによると、この2、3月という時期は、いじめっ子と離れるチャンス。というのも、翌年度のクラス編成を行うのがこの時期なのです。ぜひ、このタイミングで先生に相談すると良いでしょう。

先生、○○さん(いじめのリーダーの子)に注意はしなくていいです。でも、クラスがえでは、別のクラスにしてください」。これなら、いじめっ子に『チクった』と逆うらみされることもなく、安心して4月を迎えることができます。出典『いじめから脱出しよう!: 自分をまもる方法12か月分

多くの場合、いじめっ子はいじめ対象者のことを嫌っているわけではありません。ですので、クラスさえ変わってしまったら、わざわざ追いかけてくる可能性も低いと考えられます。
もちろんいじめのないクラスが一番ですが、万が一、その当事者となってしまったら……。子どもよりも親がテンパってしまわぬよう、「いじめの構造」を理解しておくと良いかもしれませんね。

www.ijime-a-true-story.com