読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いじめニュース速報@イジ速

いじめ事件 ・イジメ ニュースを発信中!スマホいじめが増加!子供達をいじめから守ろう!

「道徳の時間に流したい」テストのカンニング話が考えさせられると話題!

「ガチいじめで心が痛い」「道徳の時間に流したい」『ちびまる子ちゃん』テストのカンニング話が考えさせられると話題!の画像1

f:id:ryoushinn11:20170511112200p:plain

原作者・さくらももこが脚本を担当中の、TVアニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)。良くも悪くも“らしい”ストーリーが注目を集めているが、3月5日に放送された第1092話「『まる子、カンニングをする』の巻」も、いじめ問題をにおわせるような、なかなか深い回だったのでこの話をネットの声とともに紹介したい。

 明日、学校で算数のテストがあるというのにのほほんとテレビを見ているまる子。お母さん(すみれ)が勉強するよう注意するが、勉強してもしなくてもいつも60点くらいだから「無駄な苦労はしない方が得でしょ」と、まる子は独自の論を展開。「もしも60点以下だったらお母さん許さないよ!」とお母さんに警告されてもまる子はテレビを見続けるのだった。

 テスト当日、思ったよりもテストが難しく「これじゃ60点もとれないよ」と困惑するまる子。ちらっと横の席のたまちゃんを見ると、テスト用紙が丸見えなことに気付く。「どうしようどうしよう」「カンニングなんてしちゃ駄目だよね」と心の中で葛藤するが、どうしても60点以上を取りたいまる子は、ついにカンニングしてしまうのだった。

 テストの時間が終わった後、お騒がせ女子・前田さんが「このクラスでカンニングした人がいるわ!」と大声で言い出す。藤木が隣の席の永沢をカンニングしていたと訴えたのだ。最初はしらを切る藤木だったが、クラス中の怪訝な視線が一斉に藤木に集まると、空気に耐え切れず藤木は泣きながら白状するのだった――。

 号泣する藤木に、永沢が「泣けばいいって問題じゃないだろ」とさらに責め立て、一度しらを切ったことについても怒る。他のクラスメイトも藤木を見ながらひそひそと声を上げて、教室中にただならぬ気配が流れ始める。たまちゃんは「藤木の泣いているところなんて見ていても仕方ないよ」とまる子に話しかけ、2人は外に出ていった。

 ちなみにこの騒動の際、教室は引きの画で描かれクラスメイト全員の様子がわかったのだが、みんなが藤木を睨んだり好奇な目で見る中、野口さんと山田だけは藤木を見ていなかった。キャラの個性がこういうところでも密かに細かく描かれているのも、密かに見どころであった。

 さて、外に出たまる子とたまちゃんだが、まる子は自身もカンニングしたことを泣きながら告白する。「まだ正直に言えないままこうしているなんて、藤木よりひきょうだよね。最低だよね」と自分を責め、クラスのみんなや先生に自白すると言い出した。

しかしたまちゃんは「まるちゃんダメ! 言わなくていいよ! 言っちゃダメだよ!」と諭す。「まるちゃんは藤木みたいにいつもひきょうなことしてるわけじゃないもん」とさり気なく藤木をディスりながら、「まるちゃんがみんなに罵られたりするの私耐えられない」と釘を刺した。

 教室に戻ると、いまだに教室は藤木のカンニングの話で盛り上がっている。女子たちは陰でコソコソ話し、永沢、山根、小杉は面と向かってさらにまくし立てていた。このやりすぎな行為を見て、大野くんと杉山くんは「永沢たちって相変わらずキツイこというよな」「なかなかあそこまではドライにいかないぜ」と同情はするも、注意をするまではいかない。

 するとまる子がたまらず藤木をかばって出ていく。そして「カンニングなんて私だってしたもん!」と言ってしまったのだった。クラスはざわつき、藤木に代わってまる子にクラス中の怪訝な視線が集まる。だがそこへたまちゃんが出ていき「まるちゃんがカンニングしたのなんて一年生の漢字テストでしょ」「いまさらそんな古い話バラすことないじゃん!」とフォローするとその場は収まる。

 さらにたまちゃんは続けて「みんなもいつまでも藤木を責めるのはよしなよ!」「ちょっとくらいカンニングをしちゃったことがある人だって結構いるでしょ?」「もういいじゃん!」と言い放つと藤木が責められることもなくなった。

 この流れにはネット上で「たまちゃん良い子過ぎる!」「あと少しで藤木が自殺してしまうとこだったわ……」「ガチいじめで心が痛かったけどたまちゃんの言葉にすべてが救われた」といった声が上がった。

 このストーリーのオチは、まる子も藤木もカンニングした箇所を間違えていたというもの。まる子は55点と60点には届かなかった。藤木も48点と散々で、永沢に「カンニングしたのにたった48点だなんて」と嫌味を言われると、思わず「君のを見たせいで間違えたのさ」「こんなことなら自分で考えた方がまだましだったよ」ととんでもないゲス発言をしてしまい、ひきょうな上に失礼なことまで言ってしまったと反省するのだった。

 一方まる子は家でお母さんに怒鳴られるが、お父さん(ヒロシ)から「まあ、いいじゃねえか。別にカンニングをしたわけじゃねえんだから」とフォローされると、さらにいたたまれなくなるのだった。「この回は学校の道徳の時間に流したい」「毒たっぷりで笑えたけど深い話で教訓があってさすがの原作者クオリティだった」と絶賛の声が寄せられていた。

 

 

子供をいじめから守るための方法 いじめ解決体験談 親子の実話