いじめニュース速報@イジ速

いじめ事件 ・イジメ ニュースを発信中!スマホいじめが増加!子供達をいじめから守ろう!

モデルのクリッシー・テイゲン デザイナーのいじめ告発については否定

クリッシー・テイゲン

歌手ジョン・レジェンドの妻でモデルのクリッシー・テイゲン。彼女は先日、過去のネットいじめが暴露されて波紋を呼び、さらには長文の謝罪文をインスタグラムに掲載するなど、メディアの注目の的となっていた。そんな彼女は心の傷を癒すためか、家族とイタリア旅行に向かったようだ。

クリッシーは先日、ピサの斜塔の前で撮影した写真や、家族との写真を公開した。

クリッシーのいじめスキャンダルの発端は、モデルでリアリティ・スターでも知られているコートニー・ストッデンのインタビュー。過去にクリッシーから自殺を勧められるメッセージを送られてきたと主張したのだ。 クリッシーはすでにコートニーに謝罪しているというが、ソーシャルメディアでは沈黙を守っていた。そんな中、新たにデザイナーのマイケル・コステロが彼女からいじめられた経験を告白。クリッシーがネット上に出回るフェイクの画像を信じたことがきっかけで、マイケルは誤解されてしまい、彼のインスタグラムのページに差別主義者だと非難するコメントをクリッシーから書き込まれた。さらにマイケルは、クリッシーとのDMのやり取りをスクリーンショットして公開。そこには「あなたのような人種差別主義者は、苦しんで死ぬべき。あなたは死んだ方がいいかもね。あなたのキャリアは終わったのよ、見ていて」とつづられていた(現在は削除されている)。これによりマイケルは、自殺を考えたと明かしている。

クリッシーは謝罪文をインスタグラムに掲載。「私は一人の人に公に謝罪しましたが、他にも謝罪しなければならない人たちがいて、しかも数人ではありません。私が侮辱した人たちには、個人的に連絡を取っているところです」とコメントしたが、マイケルの主張については否定。彼の主張を「フィクションだ」としている。