読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いじめニュース速報@イジ速

いじめ事件 ・イジメ ニュースを発信中!スマホいじめが増加!子供達をいじめから守ろう!

探偵が明かす原発避難いじめの実態

f:id:ryoushinn11:20170304102454p:plain

福島第一原発の事故により、福島県から横浜市に避難した中学生がいじめを受けて不登校になった事件が大きなニュースとなっています。さらに、横浜市の教育長がいじめを受けないために金品を巻き上げられていたことを「いじめと認定できない」と発言し、ネットで炎上状態になっています。「いじめ」の実態に迫るメルマガ『伝説の探偵』では、この教育長の発言は「揚げ足取りレベルな言い訳」と一刀両断。教育界に蔓延する「いじめを認めない体制」を痛烈に批判しています。

いじめられないためにお金を払うのは、それ自体がいじめの被害

先日、ニュースで、横浜市で起きた原発いじめにおいて、いじめを受けないために被害者が金員を巻き上げられていた問題に対し、横浜市の教育長が「いじめとは認定できない。」と発言しさらに炎上している。

原発事故避難いじめ 横浜市長が教育長の発言を謝罪(NHK)

その根拠となるのが、専門家からなる第三者委員会の答申だと言うのだから目も当てられない。

そもそもいじめの専門家とはなんなのか?ちゃんと調査しているのか? 疑問が生じるだろう。

そして、では、何がいじめに当たるのか? それこそが問題だろう。

いじめ防止対策推進法において、いじめは定義されており、

(以下引用)

「本調査において個々の行為が「いじめ」に当たるか否かの判断は、表面的・形式的に行うことなく、いじめられた児童生徒の立場に立って行うものとする。

「いじめ」とは、「当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、心理的、物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの。」とする。

なお、起こった場所は学校の内外を問わない。

(ここまで)

とある。

法律の定義において、定められていることであり、いわゆる犯罪行為と言えるものは全てこれに合致する。

時にいじめではない犯罪だとする意見があるが、どっちか一方を選択しなければならないと言うものではなく、いじめであり、犯罪であるとするのが正しい。

つまり、いじめを受けないために、お金を渡すということ自体は、「恐喝被害」であって、これをいじめの定義で解釈する場合、どのように捻くれて理解しようとしても、いじめとなるのである。

ここまで批判を受けても尚もこの件をいじめと扱わないのであれば、それこそ、警察の出動要請をせざるを得ないだろう。
なぜなら、これは前述通り、「恐喝」だからだ。

警察をどうするだろう?

学校の判断を待つのだろうか?学校は頼りにならんと出張るのだろうか神奈川県警の考えが聞きたいところである。

なぜ、いじめの解決を教育界だけでは解決できないのか?

さて、いじめではないとするならば、早々に警察事案として法の下での判断を求め加害者は更生するための教育を受けるべきだろう。
と言うのが、私の考えであり、私が介入する事案では、警察を絡めて話を進める件もよくある。

なぜこのようにするかといえば、教育界の中にあるかなり特殊な保身論から判断が大きく誤る者が相当数いて、権威的であって、さらに職業的な仲間意識が強く、権力発動が比較的早いため、別の行政として警察問題としたり人権問題として他の権威を絡ませることで、独自的な誤審をさせないようにする予防的措置といえる。

私が手がける調査事案のほとんどが学校サイドがいじめを認めないというものであり、著書「いじめと探偵」でもその帯に「証拠を出せと学校はいう。」とある。

その通りなのだ、「証拠を出せという。」さらには、証拠を出しても、「一部分だけを切り取って、都合の良いように印象付けようとしている。」と言って取り合おうとしないの常套句である。

横浜市原発いじめも、いじめを避けるために金員を渡していたのだから本人がいうように、その部分はいじめはなかったという論理展開をしそうな勢いである。

常に論理的ではない私などは思わず納得しそうになるが、それこそ揚げ足取りレベルな言い訳だ。

揚げ足取りを斬るならばとこうなるだろう。

お金を払うことで従前のいじめは受けなかったが、お金を払っていじめをしないようにしてもらうというのは、恐喝を受けたからであって、これに深く精神的苦痛を感じるのは社会通念上犯罪被害の当たり前の理解であるから、これをいじめと認容するのは至極当然。よって、これをいじめとしないのは、幼稚な保身であり、言語道断

今回、横浜市はマスコミによって「原発いじめ」があり、その内容も衝撃的であったことから、継続取材も続いているが、原発いじめは、それこそ様々な地域で起きていた

これに強く教育的指導で立ち向かい、いじめを解消したクラスもあれば、結果的に転校したり、保護者間からの嫌がらせにも発展して私が介入したケースもある。

横浜市の報道以降、様々なメディアから新たな原発いじめについて情報の提供を求める連絡があったが、今、やっと平穏に暮らせるようになったのに、その場を荒らすことは私にはできないという理由で、過去事例の取材については全てお断りさせてもらった。

伝説の探偵では、本人が特定されない範囲で、どんないじめを受けていたかのみを報告したいと思う。(メディアのように今を追わない)

2011年当時小学4年生であったAさんと中学生だった姉、母は津波で父らを亡くし、母の実家に身を寄せることになった。

家も流されていたため、着の身着のままでの引越しであった。

いじめは初登校から始まった。

自己紹介をしていたら、坊主頭の男子がセシウムだ!」と大声で言ったのだ。周囲はドッと笑い。担任は聞こえないフリをしていた。

それから、Aさんはことあるごとに「セシウム」と呼ばれ、「席をつけてもらえない。」「給食の班わけに入れてもらえない。」などのいじめを受け、ついには母に「学校に行きたくない。」と言うまでになった。

私が直接話を聞きに出向き、話をしてくれるまで2日間通い、やっと聞いた上で、録音対策を行うことにした。

録音ではその様子が克明に記録され、さらに複数回の録音に成功した。

その中で、確かに担任教師がその場にいることがよくわかるものがあり、笑って対応するものもあったが、この担任は、真横で起きているやりとりを「聞こえなかった」「知らなかった」と嘘をつく始末であった。

結果として転校するまでの間、学校長と副校長がこのクラスの補助となり厳しく指導することになって、その通り実行されたが、当の教師は不利な立場となったことで心を痛めたとして無断欠席を繰り返し、ついには、学校に来なくなってしまった

この教師は、被害保護者のことをモンスターだと決めつけていたし、自己保身が強く、他者批判ばかりが目立った。
また、学校長や副校長、主任教員などへは、自己保身ばかりを気にして、同僚でも部下でもある自分自身を助ける人は誰もない。と嘆いていた。

つまりこの担任は全く反省をせずに、他の要因があって仕方がなかったのだとしたいのであろう。

真面目に対応して疲労困憊している教員も多数いる中で、一部のトンデモ教員は、公務員であろうが即刻クビが妥当ではないか、真面目に働いて税金を納めているのに、なんだ?と思うのだ。

この担任は結果的に何も認めぬまま、校長らとの携帯はおおよそブロッキングをして鳴らないようにしていた

教育界は主に性善説を唱えるが、そろそろ性悪説も視野に入れるべきだし、性悪説性善説をミックスして考えることはできないだろうか。

もう一方、大人社会でも福島県ナンバーの避難していた車がイタズラされるということは多々あったはずだ。

横浜市原発いじめ報道から確かに様々な地域での原発いじめはニュースとなり、この頃では原発いじめの相談は私のところには来ていない。

これはまずいとなってから、よくよく注意し問題が首を引っ込めるということなのだろう。

ただ、続報となる横浜市教育委員会の教育長の「いじめではない」発言からみた事実は、今の教育委員会などにある閉塞的ないじめを認めようとしない従前からの姿勢が表れたものであり、その根拠となる第三者委員会たるものが、その実、調査権限などは強制的ではなく、あくまで任意であり、大した調査もできないという現実問題や論理を弄ぶばかりで前述通り、いじめを認めようとしない姿勢が強い社会が反映されている教育界からみて都合の良い専門家が選任されやすい傾向があるということなのだ。

特に親の立場となる者は、いつ自分がどちら側になるかわからないという意識を強く持つべきだろう。