いじめニュース速報@イジ速

いじめ事件 ・イジメ ニュースを発信中!スマホいじめが増加!子供達をいじめから守ろう!

小学校のトイレ文化、いじめ問題を変えたい 佐藤満春

トイレ博士”佐藤満春 「トイレの輪~トイレの話、聞かせてください~」

f:id:ryoushinn11:20201024184826p:plain

お笑いコンビ「どきどきキャンプ」の“サトミツ”こと佐藤満春(42)。彼は芸人活動の傍ら趣味でトイレの研究を始め、今では「トイレ博士」としてテレビ番組やイベントで活躍中だ。今年8月、各界の著名人との対談本「トイレの輪~トイレの話、聞かせてください~」(集英社文庫)を出版するなど、トイレ文化を追求し続ける佐藤には、どうしても変えたい日本のトイレ文化があった。ENCOUNT編集部は、トイレ博士としての活動、トイレ掃除で変わった人生についてインタビューした。

――「トイレ博士」という肩書きについて教えてください。 「『トイレをもっと楽しく』をテーマに、仕事というより、ライフワーク的にいろんな活動に取り組んでいます」 ――具体的には、どんな活動をしているのでしょうか。 「例えば、掃除方法を伝える講演会のようなもの、トイレがテーマのラジオ番組でパーソナリティーをしたり、「サトミツ&ザ・トイレッツ」というバンドでは幼稚園や小学校でライブをやらせていただいたり、トイレをもっと身近に感じてほしいので、なるべくエンターテインメントとして紹介しています」 ――日本トイレ協会の会員でもある佐藤さんは、掃除能力検定士5級、トイレクリーンマイスターなど、トイレに関する資格をたくさん持っています。 「日本トイレ協会に関しては、年会費を払えば誰でも入れるので、ぜひみなさんにも入っていただきたいです(笑)。資格に関しては、トイレに関わる活動をするにあたって、番組や講演会に出演した時、本を出した時にも説得力になるので、自然にそういった資格を取らせていただきました」 ――WEB連載でスタートした「トイレの輪~トイレの話、聞かせてください~」は、どのようなきっかけで始まったのでしょうか。 「同じ事務所の先輩・脚本家の一雫ライオン先生に集英社の方を紹介していただいたときに、『トイレ関係で何かあれば、よろしくお願いします』とあいさつをしたのですが、その集英社の方が『えっ! 実はトイレで企画をやろうと思ってたんです』と言い出すという奇跡的なタイミングでした。そこで話が盛り上がり、打ち合わせを重ねて連載が始まることになりました」 ――かなり運命的というか、レアなケースですね。 「僕の芸能人生の中で、今までこんなことはありませんでした。いろんな方と名刺交換をして、いつかトイレのことで何かあったらお願いします! と何度もあいさつしてきたけど、こんなケースは稀です。いろんな方のやさしさとご縁があって、こういう一つの形になったのはうれしいことですね」 ――対談形式での連載になった理由は。 「トイレは誰にでも経験があって、みんなが行く場所じゃないですか。誰と話しても、いろんなエピソードあるので、対談がいいんじゃないかとなり、対談形式での連載になりました」 ――本著には、オードリー春日さん、小説家の朝井リョウさん、ノンフィクション作家の高野秀行さんなど、各界の著名人との対談が収録されています。特に印象深かったのは、どなたとの対談でしょうか。 「TOTOLIXILパナソニック、3社のご担当者と同時にお話できたのは貴重でした。こんなタイミングじゃないと集まることさえ難しいライバル企業ですからね」

“自宅のトイレ事情”と“トイレ掃除をして変わったこと”

トイレポーズで笑顔を見せる佐藤満春【写真:ENCOUNT編集部】

――ご自宅のトイレにこだわりはありますか。 「一昨年、建売の家を町田に購入したのですが、建売なのでトイレ自体も3種類の中からしか選ぶことができなかったんですね。で、トイレだけは一番いいものを……とも思ったんですが、あえてその選択肢の中から選んびましてかなりノーマルな便器を使用しています。今後、トイレに関する活動や仕事で結果を出した時、初めて自宅のトイレを一番いいものに変えようと思っています。ドラマがあったほうがいいので」 ――なるほど。そのほうが、今後のトイレ活動が楽しみになりますね。 「車と感覚的に似ていて、その時の身の丈にあった車を乗ればいいじゃないですか。いきなり外車に乗るのが正しいかと言われたら、そうじゃない。僕のトイレに対しての感覚も一緒です。まだまだ世の中のトイレに対してのアプローチが弱いし、もっとみんながトイレのことを楽しく考える時代になっていません。そういった兆しが見えて、よかったねと思えた時に変えたほうがいいんじゃないかなと考えています」 ――日常生活でトイレ掃除をすることで、ご自身の人生にどんな変化がありましたか。 「トイレ掃除は、1個目の汚れが付いたら、そこから汚れが付いていくという法則があります。1個目の汚れを0にして、0をキープしていくことは日常のちょっとした作業でできますが、1になった瞬間に汚れが一気に広がって、どんどん汚れが落としづらくなります。毎日少しずつ何かをするというリズムは、掃除以外でも、仕事、運動、ダイエットもそうなんですけど、やはり日常、その時できることを少しずつやっていくということが、実はすべて効率がよいことなんだと学びました」 ――「トイレ博士」としての、今後の目標をお聞かせください。 「僕が活動している大きなテーマ『トイレを楽しく』の中の大きな軸の1つになっている。小学校では、男子が大きな方をしに行ったときに、いじめられてしまうという文化がずっとあります。今の子どもたちにもあるようなので、子どもたちがトイレに対してネガティブなことを思わない世の中にしていくことが目標です。トイレって行っても恥ずかしくないところなんだ、という日常が子どもたちに受け継がれていくような世界に、僕が生きている間にしたいです。いくつまでどういう活動ができるか分かりませんが、いろんなアプローチをしながら、文化を変えていけたらなと思っています」 □佐藤満春(さとう・みつはる)、1978年2月17日生まれ、東京都出身。テレビ番組などの構成作家、お笑いコンビ「どきどきキャンプ」として活動し、“トイレ博士”としても番組やイベントに出演し、ラジオ番組のパーソナリティーなども務める。日本トイレ協会会員で、掃除能力検定士5級、名誉トイレ診断士、トイレクリーンマイスターなど、トイレに関するさまざまな資格を取得。20年8月、集英社文庫より「トイレの輪~トイレの話、聞かせてください~」を出版した。

 

 

19年度労働相談「いじめ・嫌がらせ」最多更新

千葉労働局は、2019年度に寄せられた個別労働紛争の相談件数について、職場でのパワハラを含む「いじめ・嫌がらせ」が前年度比10%増(262件増)の2889件に上り、過去最多となったと発表した。全体の約3割を占め、8年連続で内訳別のトップだった。パワハラ対策を事業者に義務化した改正法が昨年5月に成立(今年6月施行)したことなどにより、労働者の意識の変化があったとみられるという。  同労働局によると、あらゆる労働問題に対応する総合労働相談のうち、労働基準法違反などに関わる事案を除いた民事上の個別労働紛争の相談は8377件(前年度比2・6%増)。このうち「いじめ・嫌がらせ」は前年度を超え最多件数を更新した。「解雇(整理解雇・懲戒解雇含む)」が976件で、「労働条件の引き下げ」は958件だった。  「いじめ・嫌がらせ」については、相談にとどまらない対応を求める事例も目立った。労働局長による「助言・指導」を求める申し出は154件、弁護士ら紛争調整委員会が当事者間に入る「あっせん」の申請は72件で、いずれも7年連続で内訳別の最多を占めた。  解決事例の中には、先輩や上司からパワハラを受けたとする申請者があっせんの結果、事業主が対応方針を明確に定めなかった問題点を認め、解決金を支払うことで合意が成立したケースがあったという。申請者は「死んでいるかと思った」などの発言を受け続けて体調不良になり退職。会社にパワハラ被害を訴えたものの、誠意ある対応がなく申請に至ったという。  パワハラを巡っては、今年6月の改正労働施策総合推進法施行で、労働者への防止啓発や適切な対応などのパワハラ対策が大企業に義務付けられた。相談数について同労働局の担当者は、法整備と合わせパワハラに関する周知が進むなど「労働者の意識が変わったのでは」と説明。努力義務となっている中小企業の22年度義務化などを控え、周知を進めるとしている。  総合労働相談は、個々の労働者と事業主とのトラブルを防止し解決を図る「個別労働紛争解決制度」の一つ。労働局や労働基準監督署など県内10カ所で専門の相談員が対応し、19年度は7年連続で4万件超となる4万9447件の相談が寄せられた。今年4、5月は新型コロナに関する相談も目立ったという。

 

『十字架のろくにん』凄惨ないじめに苦しんだ少年の復讐サスペンス!

「実験体A」と名付けられ、凄惨ないじめに苦しんだ少年の復讐サスペンス!

 

コイツだけは絶対に許さない、殺してやる! と思ったとしても、それを実行に移すことは絶対にないでしょう。なぜなら、自分が犯罪者になり、墜ちるのが嫌だから。
しかし、愛する人が理不尽な殺され方をしたら、理性のたがが外れ、復讐に向かうかもしれません。人間の持つ復讐のエネルギーは、それだけ強大だと思うのです。『十字架のろくにん』の主人公・漆間俊(うるましゅん)は、わずか12歳で十字架を背負う覚悟を決めます。

小学校の同級生5人に、執拗にいじめを受けている漆間俊。なぜ俊がいじめられているのかというと、「一番すごいのは、何の理由もなく人を殺すことができる人間」「弱そうな人間を間接的に殺したい」という歪んだ心を持つ主犯格の至極京(しごくきょう)に実験台として選ばれてしまったから。

そのため俊は「実験体A」と呼ばれ、どこまで追いつめれば自殺をするのかという実験が繰り返されたのです。

家族に心配をかけまいと、ずっといじめを隠していた俊ですが、ついに両親に打ち明け、転校することになります。ところが、これを良しとしない至極京の仕業で、両親は死亡、可愛がっていた弟も生死の境を彷徨う大怪我を負います。

自分も死んでしまいたいと思う俊ですが、それでは至極京の思うつぼ。
疎遠だったおじいさんの家に、身を寄せることを決めます。それは、猟銃を持ち出すためでした。

「実験体A」と名付けられ、凄惨ないじめに苦しんだ少年の復讐サスペンス!

 

 

「実験体A」と名付けられ、凄惨ないじめに苦しんだ少年の復讐サスペンス!

 

 

「実験体A」と名付けられ、凄惨ないじめに苦しんだ少年の復讐サスペンス!

 

おじいさんは、第2次世界大戦中に発足した秘密部隊・呉鎮守府第百特別陸戦隊・通称北山部隊の一員で、殺しのプロ。
孫に人の殺し方を教えるおじいさんなんて、かなりショッキングな設定です。そんなおじいさんにも、おじいさんなりの掟がありました。それは、

改心した者は見逃すこと

見逃すというのは、許すこととは若干違います。しかし、どちらも魂のレベルが高い人間にしかできない尊い行為だと思うので、「罪を認め反省すること。そしてそれを許すことができるのは人間だけや」というおじいさんのセリフは、心に響きます。

その一方で、何も変わっていなかったら「叩っ殺したれや」ですから、かなりの危険人物です。でもこれって、何の非もない家族を殺された人間の偽らざる気持ちなのではないかと思えてなりません。

昔の映画で、クリント・イーストウッドが型破りな刑事を演じた『ダーティハリー』も、凶悪犯を敢えて逮捕せずに射殺してしまうのですが、そこには法では裁ききれない悪に対する正義がありました。それと同じ匂いを俊とおじいさんに感じるのです。

4年の月日が経ち、千光寺克美(せんこうじかつみ)、久我大地(くがだいち)と同じ高校に通うことになった俊。
鳴りをひそめてはいるものの、俊はもう昔の俊ではありません。
そして、俊をいじめていた5人は、今や俊の“標的”なのです。

「実験体A」と名付けられ、凄惨ないじめに苦しんだ少年の復讐サスペンス!

 

俊が、復讐の1人目に選んだのは千光寺克美。
しかし彼は、“好意”とも取れる眼差しで自ら近づいて来ました。千光寺は改心したのか? それとも何か魂胆があるのか?

このあたりの俊の心の動きは、非常に面白いです。
私も自分自身に置き換えて、一緒に悩んでしまいました。騙されないぞと思う気持ち、どんなことがあっても絶対に許すもんかという気持ち、なぜ平然としていられるのか、改心していたら復讐できないという気持ちが入り乱れ、半信半疑で千光寺を見ていたのですが……。

ここから先は、同級生の東千鶴(あずまちづる)を巻き込んで、予想もしなかった展開になります。
しかし、これはまだ始まりに過ぎません。
俊は5人とどう対峙し、どんな手を使って復讐を成し遂げるのか!!それとも……、見逃すことになる人間は出てくるのか!!

 

“闘剣”を手に、加害者たちへの復讐を誓ういじめコミック

f:id:ryoushinn11:20201024184030p:plain

 

本作の主人公は同級生8人からイジメを受け、病院で長らく昏睡状態だった黒神エリス。加害者たちの親は政財界の重鎮で、事件はもみ消されようとしていた。権力に立ち向かう術がなかったエリスの親は、事件を公にすべく公開焼身自殺を遂行。ようやく事件は明るみになり、加害者たちは少年院に収容された。そんな中、何もかも失ったエリスがある日突然“闘剣”を手に入れ、加害者たちへの復讐を誓うところから物語は動き出す。連載は今後、毎週水曜に更新。

 

いじめで中学時代に読んで救われたマンガとは?

f:id:ryoushinn11:20201024183752p:plain

“マンガ好き”のお笑いタレント・狩野英孝とグラビアアイドル・倉持由香がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「まんが王国 presents 世界はまんがで出来ている!」。毎日最大50%ポイント還元でお得感No.1、国内最大級のコミック配信サービス「まんが王国」にある膨大なデータのなかから、さまざまなジャンルの作品をピックアップし、“マンガ愛”を語り合います。 9月12日(土)放送は、マンガをこよなく愛するゲスト、お笑いコンビ・かが屋の賀屋壮也さんが登場。「世界を変えたまんが大賞」と題して、自身のマンガ遍歴を発表。“マンガ愛”をたっぷりと語りました。

◆人生観が変わるほどの影響を受けたマンガは?

「世界を変えたまんが大賞」は、“マンガ好き”のゲストに人生観が変わるほどの影響を受けたマンガを、部門ごとにセレクトしてもらい、そのマンガの魅力をたっぷり語ってもらうコーナー。 “お笑い第7世代”として大活躍のかが屋・賀屋さんが、3つの部門からセレクトしてくれました。まずは、マンガを語るうえで欠かせない「思春期編」から。

・思春期編 「ピンポン」松本大洋

賀屋さんが、最も多感な時期に影響を受けたマンガは、松本大洋さんの「ピンポン」。 このチョイスに、狩野は「なんか、かが屋っぽいな~! マンガに出てきそうだもん(笑)。顔が“マン顔”だよ!」とツッコミを入れると、「“(『行け! 稲中卓球部』などの)古谷実先生の作品に出てきそう”って言われるような顔立ちをしていますけど(笑)。『こんな感じのヤツ、いるよな~』ってよく言われます」と賀屋さん。 松本作品が大好きだと言い、「1冊に絞るのが難しかったですけど、『ピンポン』ですね」としみじみ。狩野が「松本先生の作品って、読んでいるとすごく不思議な感覚がするよね?」と話すと、賀屋さんも「そうですね。絵柄がやっぱり見慣れないので」とうなずきます。そして、倉持からは「(タッチが)特殊で、ミリペン(極細サインペンの1種)で描かれていますもんね」とプチ情報も飛び出します。 続いて、賀屋さんは「松本先生って最近は週刊連載をやっていないんですけど、『ピンポン』は週刊連載(週刊ビッグコミックスピリッツ:1996年~1997年)でした。ご本人もおっしゃっていたんですけど、締め切りとの闘いもあって、本当に間に合わないというか、(締め切りに間に合わせるため)必死にやったと。(本人的に)気に入っていない話もあるけど、『それも含めて、いまは大好きな作品だ』とおっしゃっていました」と話します。 続けて、「ピンポン」の魅力について「松本先生が“スポ根”モノを描いたら、こうなるっていう。ストレートに熱くて、キャラクターも一人ひとり魅力的。何回でも読めますね。読むたびに印象が変わってくるというか」と熱弁。 ちなみに、賀屋さんの思春期を尋ねると「あまりいい思い出がなくて……中学の頃、女子にいじめられて。しかも中高一貫の私立で、1学年40人だったので、ずっと地獄でした。でも高校になると、いじめていた女子が成長して大人になっていくというか、“いじめってカッコ悪いよね”とか言い出して、でも “俺、忘れてないよ”って(笑)。(散々いじめておいて)“なんで『一緒にファミレス行こう?』って言えるの?”と。そんな鬱屈とした感じの時代に助けてくれたのがマンガだった」と振り返りました。

・設定編 「ランド」山下和美

賀屋さんと、相方・加賀翔さんが生み出すネタの世界観に定評のある、かが屋。そんな賀屋さんが“思わずうなった設定のマンガ”は、山下和美さんの「ランド」です。 賀屋さんの「設定は、日本の江戸時代くらいに閉鎖された村。 50歳を迎えると、体が健康であっても死ななければいけない“知命(ちめい)”という儀式があって、知命を迎えると『おめでとう、あっちの世界に行けるよ』という感じの、暗~い始まりなんです」という説明に、倉持は「なんか“ゾワッ”としますね」と声を上げます。 そんな始まりから「途中で展開がガラッと変わるんです。そこで『ランド』というタイトルの意味がわかる」と賀屋さん。 作者の山下さんと言えば、「天才 柳沢教授の生活」をはじめ、もともとは少女マンガを中心に活躍していた漫画家。「かわいらしい絵柄でストーリーが描かれていて、3~4巻くらいまでは、ずっとその村の話なんですけど、途中からガラッと変わる」との賀屋さんの説明に、倉持は「気になります!」と興味津々の様子。

・2020年最もハマったマンガ編 「チェンソーマン」藤本タツキ

そして、賀屋さんが“今年最もハマった作品”として挙げたのは、藤本タツキさんの「チェンソーマン」です。 これには、思わず「お~!」と声を漏らす狩野と倉持。「週刊少年ジャンプ」で連載が始まった際、賀屋さんは衝撃を受けたと言い、「ずっと“いいのか!?”って思いながら読んでいます。絵柄もすごくいいし、あの展開は素晴らしい!」と、どハマりしている様子。 絶賛愛読中の倉持も「いま、ちょうどめちゃくちゃいいところ! 話が重く、暗くなっていくんですけど、主人公・デンジの底なしの明るさが、またつらくなっちゃう……」と語ると、賀屋さんも「そのなかに『週刊少年ジャンプ』の3大定義“友情・努力・勝利”がどう入っていくのか。そこをちゃんと押さえているんだけど、いままでの作品とは違う感じ」と魅力を熱く語りました。 (TOKYO FMの番組「まんが王国 presents 世界はまんがで出来ている!」9月12日(土)放送より)

 

教職員対象のアンケート 「今後いじめが増える」9割に

教職員対象のアンケート 「今後いじめが増える」9割に

新型コロナウイルスの影響で夏休みが短縮されるなど子どもたちは例年と違う状況で新学期を迎えていますが、NPO法人が教職員を対象にアンケートを行ったところ、「疲れた子が増えている」とか「今後いじめが増える」という回答がいずれも9割に上り、現場の懸念が高まっていることがわかりました。

アンケートは教員が相談できる場をSNS上に設けているNPO法人「共育の杜」がことし7月にインターネット上で実施したもので、東京都や大阪府、福岡県など休校期間が長かった7都府県を中心に、国公私立の教職員、1203人から回答を得ました。

この中で子どもたちの様子を尋ねたところ、
▽「疲れている子が増えている」という項目では、「とてもそう思う」「まあまあそう思う」という回答が合わせて87%、
▽「今後いじめが増える」という項目では、「とてもそう思う」「まあまあそう思う」が合わせて89%と、いずれも9割近くに上りました。

一方で、3人に1人の教職員が疲労やストレスから「子どもの話をしっかり聞けなくなる」と答えました。

自由記述欄には「子どもたちは疲れ行事も軒並み中止になり、いじめも発生している」とか「経済的に厳しい家庭が多くなり虐待やネグレクトの対応に追われている」といった切実な声も寄せられています。

調査を行ったNPO法人の藤川伸治 理事長は「休校による学習の遅れを取り戻すことが優先課題となる中、子どもたちも教員も追い詰められている。いじめや暴力など深刻な影響が出る前に現場を支える対策が必要だ」と指摘しています。

 

いじめ対策の切り札

shutterstock_1205616886

自分の子供がいじめの被害に遭ってしまったとき、親としてどのように動くべきかをシミュレーションできているという方、あまり多くはないかもしれません。

 

具体的いじめ対処を確認しておきましょう

事務所帰りの道すがら、ふと気がつくと、コオロギの鳴き声が耳に入ってきました。また、商店街を通り抜けると、鈴虫が。まだまだ暑い日が続いておりますが、季節は、すでに秋のようです。

さて、新型コロナウィルスの影響は、まだ続いております。子供たちもさまざまな制限の中で学校生活を送っているのですが、「いじめ」については少なめに推移しているように見えます。少ない中でも相談は毎日、続いております。例年、あと1ヶ月もするといじめ相談が多くなります。そこで、昨日の相談を事例に保護者側の対処方法の確認をしておきたいと思います。

昨日の相談は、中学生の娘が近頃、学校を休むことが多いというものでした。朝、頭が痛くなったり、起きられなくなったりして休む日が増えてきたので、心配していたところ、息子が「悪口を言われてるみたいだよ」と教えてくれたとのこと。お母さんが理由を聞こうとしても「話したくない」、「うるさい」とか全く取り合ってくれないのですが、なぜか、お兄ちゃんには相談するので、息子経由で、クラスメイトとのぶつかり合いがわかったというものでした。また、このことは本人が担任にも相談したということもわかりました。しかし、相手の子とのトラブルは収まらなくて、母親としては大変、心配していると話してくださいました。事情を伺って、多人数からのいじめではなく、一人の子とのトラブルだとわかりましたので、まずは、親が担任の先生に相談することを勧め、そのためには、お兄ちゃん経由でも良いので、どのようなシチュエーションで、どんな言葉を言われるのか、今まで、どんなことがあったのかを、紙ベース、つまり文書にしておくこと、その文書を持って担任の先生に相談することをアドバイスいたしました。担任に面会して、「二人の間に立って仲裁をしてもらう」ことを目標にすることといたしました。

お母さんの話では、「うちの娘も何か、言っているらしい」とのことですので、まずは担任に事実確認をしてもらい、「いじめ」なのか「ケンカ」なのかを見極めてもらうことが必要です。その上で、「いじめ」であるならば、加害者を叱ることと、加害者からの謝罪を求めることで、ほとんどのいじめが解決することをお話ししました。また、「ケンカ」であるならば、お互いに悪口は言わないことを約束させるように、担任に仲裁してもらうという方針で、学校にアポイントをとることにいたしました。

このようなアドバイスをさせていただいたわけですが、大切なことは、まずは、現在起きていることを「文書」にすることです。文書にして学校に持っていくことで、

  1. 事実の確認がスムーズになります
  2. 先生方の本気度が変わってきます
  3. 学校全体で取り組んでくれるようになります
  4. 加えて、相談に対応してくれなかった場合に、教育委員会等の他の機関に持ち込む際には、コピーするだけですので、スピーディーに対応できる

などの大きなメリットがあります。

次に、学校に何を要望するのかを明確にすることです。今回の相談では「ケンカ」で収まる可能性が強かったので「要望書」をつくるところまではしていませんが、こじれるようでしたら要望書を作成し、校長先生と直接、面会するなどの次の一手を打つ必要があります。

新しい学期の始まりの9月1日は、子供たちの自殺が一番多い日として知られておりますし、9月10日から9月16日は、自殺対策基本法でさだめられた「自殺予防週間」でもあります。

子供たちを守るのは保護者、教師を含めた大人の仕事です。何か気になることがありましたら、ご遠慮無く、ご相談いただければ幸いです。