いじめニュース速報@イジ速

いじめ事件 ・イジメ ニュースを発信中!スマホいじめが増加!子供達をいじめから守ろう!

アメリカ いじめを目撃して食い止めた少年逆恨みされ殺される

行列

とても正義感が強く優しくもあったある少年が、いじめ被害を受けている男子の様子を見て慌てて介入した。それが原因で恨みをかった少年は、いじめの標的どころか殺害のターゲットに。あまりにも悲しい結末に、同じ学校に通う生徒たちもひどく動揺しているという。

 

いじめ被害者を救った少年

米国・テキサス州で、16歳の少年がいじめの現場を目撃した。ターゲットにされていたのは小柄な男子だったといい、もみくちゃにされている様子を目撃した少年は「助けなくては」との思いから介入を決意。

どうにかいじめを食い止めることに成功したものの、この日をさかいにいじめ加害者のひとりと敵対関係になってしまった。

■被害者になった少年

いじめトラブルに介入してから数日後にあたる2月6日のこと、少年が暮らしていた団地に敵対していた加害者が出没。すかさずズボンの後ろに手を伸ばすなり素早くピストルを取り出し、少年の胸を狙い発砲した。

その後に少年は病院に救急搬送されたが手遅れで、「診察した医師団が死亡を宣告した」とアメリカメディアは報じている。

■監視カメラの映像

監視カメラの映像が残っていたことから、いじめ加害者のひとりが少年を殺害した容疑者であると判明。「年齢は13~15歳」という点は発表されたが、容疑者の年齢を考慮すると氏名を含む詳細の公表は不可能だという。

当局は「殺害に使われた銃の入手経路の解明をまずは目指す」という方針を発表しているが、今後の調べで加害者と被害者の関係など、より細かく判明するはずだ。

 

■関係者の声

7日には、少年が通っていた高校の教職員、そして生徒たちがキャンパスに集結。校長は「わが校の多くの生徒、そして教師の心に触れた少年が亡くなり、胸がつぶれる思いです」とコメント。

亡くなった少年の母親も集会に参加し、「息子の人生、そして息子との思い出をどうか忘れず讃えてください」「どのような子だったかも、忘れないでやってほしいのです」と生徒たちに声をかけた。

いじめを目撃したら「見て見ぬふりはしないように」と多くの教育関係者や保護者は子供たちに指導するが、その方法につき具体的にはどう教えるべきなのか。少年犯罪が深刻化するなか、教える側の苦悩も大きくなるばかりだ。

 

望月衣塑子記者「いじめられても、めげない」理由

f:id:ryoushinn11:20200505210400p:plain

菅義偉官房長官の天敵としておなじみの東京新聞望月衣塑子記者と、加計学園問題を巡る告発と出会い系バー報道で騒動となった元文部科学事務次官前川喜平氏が都内で映画「子どもたちをよろしく」のトークイベントを行った。

映画は、中学生のいじめと自殺、その裏にある家庭の問題をテーマに描いている。

 望月氏は、日々、菅長官とぶつかっていることに「なぜ私がいじめられ続けても生きるのか」と切り出し、勇気づけられたと後輩記者に感謝されたエピソードや、「いじめられてるけど大丈夫?」と声をかけられることを紹介し、「いじめっ子より、いじめられっ子のほうが共感してもらえるんだなと感じています」と語った。

 「私が菅さんの会見に行かなくなったほうが、その程度かと思われる」とし、いろんな場所でいじめられている人たちのために「表立っていじめられるけどめげずに、一緒に奮起する指針となりたい」と述べた。

 「大っ嫌いな菅さんに、これだけ言い続けていくのは、その結果得られるものがある。非常に多くの人の助け船や、仲間との連帯があります。負けずに、圧力に屈さず、子どもたちのためによりよい社会を築き上げていきたい」と語った。

 

「いじめ」問題に希望の光をともす物語

f:id:ryoushinn11:20200505205806p:plain

人と人との関係性や心の機微を丁寧に描く直木賞作家の井上荒野さん。新刊は3人の女子中学生といじめを巡る物語です。「数年前、10代の女子生徒が2人一緒に自殺した新聞記事を読み、いろいろと考えたことがきっかけ」だそう。井上さんが本書に込めた思いを聞きました。

f:id:ryoushinn11:20200505205849p:plain

いじめに苦しむ子どもにも、逃げ道は必ずある。そう言いたかったんです

あたしたち、海へ』新潮社
井上 荒野/著

「’15年ごろだったと思うのですが、新聞で10代の女の子が2人一緒に自殺したという記事を読みました。子どもが死ぬ、それも2人一緒に、ということが何ともつらく、心に残りました」

井上荒野さんの新作『あたしたち、海へ』は、3人の女子中学生たちの孤独と再生を柔らかい筆致で描く長編小説です。

物語は、有夢と瑤子が自転車で20キロ離れたH町に向かうシーンから始まります。H町には2人の幼なじみ・海が住んでいました。海は2人と同じ私立女子中学校に通っていましたが、マラソン大会をきっかけにクラスのボス・ルエカからひどいいじめを受けるようになり、転校。しかし、ルエカは海が転校しても許さず、海と仲のよい有夢と瑤子をもターゲットにしていじめを激化させていきます。

「2人が亡くなった理由は書いていなかったのでわかりませんが、この子たちはどうして死のうと考えたのか、いつ2人で死ぬことを決めたのか、そのことについてどんな話をしたのか、どんな日々を送っていたのか、と考えました。
死ななければならないほどつらいことって何だろうと考えたとき、いじめが浮かびました。私たちが子どものころはいじめる子もいましたがかばう子もいました。でも、今のいじめは本当に陰湿で……。私は昔から同調圧力が大嫌いで、その最たるものがいじめだと思っています。だから絶対に許せない」

本欄には何度もご登場いただいている井上さんですが、これまで聞いたことがないほど強い言葉でそう言います。

作中、担任の女教師は海がいじめられていることにうすうす気づきつつも、具体的な行動を取ることはしません。

「口では子どものことを思っているようなことを言って、実際は気がつかないフリをする大人も多いのではないでしょうか。そもそも、いじめは子どもだけの問題ではなく、日本社会全体の問題です。たとえば、勝ち組負け組という発想が広まっていますよね。金持ちや人より美しいとか強いと勝ち組とされ、そちら側に行かないと終わり、と。こういう価値観が親や社会、あるいはテレビの中でも蔓延していて、それがみんなに染みついている気がしてなりません。障害者問題もレイプの問題も根っこは同じ。誰もが勝ち組になるために自分より弱い存在を攻撃する。そして、生きていくために仕方がない、とそれ以上考えないようにしている。でも、そんな世界に生きるのはみんな苦しいと思うのです」

有夢と瑤子はルエカからいじめられますが、彼女たちを苦しめるのはそのいじめが海との友情を裏切らせる内容だったから。2人は大好きなミュージシャン、リンド・リンディの歌から“ペルーへ行く”を合言葉に日々を耐えるようになります。読み進めるにつれ、この言葉が死を指すと気づき、2人の絶望の大きさに胸が痛みます。

「ペルーという言葉は、突然、思いついたんです。今いる場所がつらいならほかのところに行けばいい、どうせ行くなら地球の裏側に行けばいい、と思っていたからかもしれません(笑)。それでネットで調べてみると、すごくきれいな色をしたオウムがいる国立公園の写真が出てきました。そこからイメージが広がっていきました。
いつもは結末を決めずに書き始めるのですが、今回は初めから3人を生き延びさせるつもりでした。1人でも気づく大人がいたら助かることを書きたかったですし、子どもたちにも逃げ道は必ずあるよ、と言いたかったんです」

読後、心の中に希望の光がともる本作。人間関係に行き詰まっている人もそうでない人も必読です。

■井上さんの本棚からおすすめの1冊

『刑罰』東京創元社
フェルディナント・フォン・シーラッハ/著 酒寄進一/訳

「シーラッハの作品は好きで全部読んでいる。著者はもと刑事事件弁護士で、本書は『事実は小説より奇なり』というような作品を収録した短編集。一つひとつは短いが、人が犯罪に手を染める道筋にびっくりさせられる」

PROFILE
いのうえ・あれの◎’61年、東京都生まれ。成蹊大学文学部卒業。’89年「わたしのヌレエフ」で第1回フェミナ賞を受賞し、デビュー。’04年『潤一』で第11回島清恋愛文学賞、’08年『切羽へ』で第139回直木賞、’11年『そこへ行くな』で第6回中央公論文芸賞、’16年『赤へ』で第29回柴田錬三郎賞、’18年『その話は今日はやめておきましょう』で第35回織田作之助賞を受賞。

 

三重大付属小でいじめ兄妹が不登校に

f:id:ryoushinn11:20200505205530p:plain

三重県にある国立三重大学付属小学校で、小学4年生の男子児童(10)と3年生の女子児童(9)の兄妹がいじめを受けていたことが分かりました。被害児童の家族が学校側の対応は不適切であるとして13日、県教育委員会に申し入れ書を提出しました。

 学校の調査によると、男子児童は4年前から突き飛ばされるなどのいじめ、女子児童は3年前から耳に肘打ちをされるなどのいじめを受けていました。児童2人は、去年6月から不登校となっています。

 学校側はいじめ防止対策推進法に基づく「重大事態」に認定し、再発防止のための調査報告書を作成しましたが、被害児童の家族は「報告書は加害児童の主張に偏ったもので適切な対応をしてもらっていない」などとして、県教委に申し入れ書を提出しました。

 いじめを受けた女子児童は「自分が辞めないで、学校に行きたいから、行けるようにしてほしい」と語っていました。

 学校側は、中京テレビの取材に対し「事実は調査報告書に書いている通りだと認識しており再発防止に努める」とコメントしています。

 

職場のいじめ。正社員になった途端に…

f:id:ryoushinn11:20200505204919p:plain

ESSE読者267人に「大人のいじめ」に関するアンケートを実施したところ、半数以上にあたる150人が職場や周りの人間関係の中で「大人のいじめ」を体験したり見聞きしたことがあると回答。その実態を詳しく聞いてみました。

こんなにあった!ESSEonline読者の職場でのいじめ体験談

大人のいじめに関するエピソードでもっとも多かったのが「職場」で起きたことでした。弱い立場の新人は、とくにターゲットにされやすいようです。

●新人に対するいじめ

「新卒就職したての頃の話。新人指導してもらったり、仕事を覚えるために売上をゆずってもらったのをねたみ、ぐちぐち言ってくる人がいました。私がいないところで、つるし上げにも…。知らないままいられたらまだよかったのですが、悪口内容を『~って言ってたよ』とわざわざ報告してくる人もいました」(35歳・Sさん)

「自分が新入社員のとき、前任者が残した仕事があり、それがいろいろなデータを調べないとできない内容のものでした。新人で右も左も分からず、必死でやっていましたが、前任者と仲のよかった上司(女性)に聞いても、冷たくあしらわれ『自分で考えて』と一言。前任者とその上司の方が話しているのを、たまたま私の同期の子が耳にしたそうで、『あの子にやらせておけばいいんだから!』と笑っていたそう…。
人数が少ない部署で、仕事を聞けるのがその上司の方しかおらず、裏ではそんな風に言われていたのかと思うとつらかったです」(29歳・Kさん)

●同じ年齢だけど向こうはベテラン

「新人の私に同じ年齢の勤続15年のベテランさんが、明らかに冷たい態度で接してきました。仕事の内容確認を私にだけしない。私がした仕事のことで聞きたいことがあっても、私ではなく、私の隣にいた人に聞く。伝票を事務所へ持って行くのに、ほかの人には笑顔で回収して、私は無視。ただ、仕事でわからないことを聞くと『それでいいんじゃない?』と適当な答えや、『私もわからないからほかの人に聞いて』という感じでした」(44歳・Sさん)

派遣社員から正社員になったら、ベテランの先輩たちからいじめられたという話も…。

f:id:ryoushinn11:20200505205056p:plain

 

●正社員になったらいじめられた

「非正規雇用のメンバー同士、10年近く仲よく働いていました。あるときから正社員登用制度ができ、上司の支えがあって無事に採用されました。すると突然全員から無視されるように。さらに悪い噂を流されたりしました。もう1人採用された方も同じ目に合っていた事を後から知りました。とくに私は1番年齢が若かった事もあり、気に障る人が多かったようです。それまで親しくしていたのでとてもショックでした。出る杭は打たれる、を体感した出来事でした。給料はアップしたけれど、人間不信になりました」(33歳・Kさん)

●自分がされたから同じことをする

「銀行の窓口で派遣社員として働いていたときに、指導員の方がとても怖く、意地悪でした。なにも教えてくれず、『私が新入社員のときはトイレで泣きながら働いていたんだから』と同じ思いをさせようとしている感じでした」(42歳・Kさん)

●ほんの些細なことがきっかけではじまったいじめ

「社会人になりたての頃、同期の男の子が就職してすぐに授かり婚をすることに。結婚式の招待状を返したときに、名前の漢字が間違っていたことを理由に受け取り拒否されました。以降、目も合わさずに無視をされることも」(37歳・Oさん)

「医療事務をやっていたときに、理不尽な理由で次々にターゲットを変えて無視する看護師がいました。今も続いているので、その職場は入れ替わりが激しく、ハローワークの常連。自分がターゲットになったときに、無視する理由を直接聞いたら、理由は、自分が気に入らないお店に私が友達と行ったことでした…」(43歳・Iさん)

●正社員がパートをいじめていた…

「保育園の先生同士のいじめがあります。正社員の先生がパートの先生だけをいじめて追いつめ、辞めさせました」(30歳・Oさん)

上司と部下や、正社員と非正規社員のように、パワーバランスが異なる立場のいじめはパワハラになることもあります。

f:id:ryoushinn11:20200505205210p:plain

●お金がからんだり、ものを隠されたり、病気に追い込まれるほどの悪質ないじめ

「職場で、制服や靴を隠されたり、シフト表の私の名前を消されたり、嘘のことを陰口で言われたり、お金を騙し取られそうになりました。いじめられていることに気づくのに時間がかかりましたし、心当たりがなかったので、無視をしていましたが、仕事で使うものを盗まれたときには困ったので、引き継ぎノート(皆さんが見るもの)に実名を隠して公表しました」(36歳・Mさん)

「今、職場の課長から、パワハラを受けています。だれも助けてくれません。親睦会費として、毎月強制的に積立てをさせられ、飲み会に使われます。飲み会は夜なので、子どもの都合もあり、一度も出たことがありません。夜は出られない木曜日に狙ったように設定されますが、返金はされません。相談しても、巻き込まれることが嫌なので、だれも味方になってくれません」(48歳・Hさん)

「前職場でのパワハラで夫が鬱の手前の状態になってしまいました。出産で立ち会うときも、土日にもかかわらず繁忙期だから出勤しろ、体調不良で休めば家まで電話があり、1時間以上も延々と出勤しないことへのお叱り。酷いものでした。今は、転職しましたが、転職を決めてからもなかなか辞めさせてもらえず大変でした」(46歳・Iさん)

●マタハラの被害にあったケースも

「職場で若い自分が年上の先輩より先に妊娠したことによるマタハラ。仕事してないと呼び出され延々叱られた挙げ句、辞めろと言われました」(31歳・Mさん)

「妊娠発覚後、同僚から職場でシフトの相談や仕事の内容を共有してもらえなくなり、退職まで続きました。上司に相談しましたが『考えすぎじゃないか?』と相手にされず。家族にも相談し、産休と育休はもらわずに退職することにしました」(33歳・Tさん)

●幸せな会話ができない職場

「以前働いていた職場は新人いじめなどがひどい職場でした。悪口陰口噂話ばかりで毎日疲れました。ここの人は人の幸せが好きじゃないから、ハッピーな話はしない方がいいからね! と優しい先輩に言われ、結婚したら寿退社をすすめられました」(31歳・Kさん)

一定の能力をもって、同じ仕事に専念する職場でさえ、このようないじめが横行している現代社会。経済的な事情はあるかと思いますが、ご自身の心や体を守ることが一番大事。社内で相談できる相手や部署を探したり、つらすぎる場合には戦わず、さっと離脱(転職)する…というのもひとつの手かと思います。

 

 

先生には絶対言わないで! 学校に相談 or 子どもの気持ちを尊重

f:id:ryoushinn11:20200505203743p:plain

 

「うちの子、いじめられているのかもしれない……」と感じたら、あなたはどう行動しますか? 先生や学校に相談したことが相手に知られてしまうと、いじめがさらにエスカレートしてしまうのではないかと不安になってしまうこともあるでしょう。ママがそう感じるのであれば、お子さんも不安でいっぱいかもしれません。子どものいじめ問題に直面してしまったあるママから、こんなお悩みが届きました。

『小2の息子が同級生に、「水溜りに入らないと池に突き落とす」と言われ、びしょ濡れで泥だらけの靴をはいて帰ってきました。寒いなか自分でその靴を洗おうとしている姿がいたたまれなく、本当にショックでした。「絶対に先生には言わないで! 言ったらまたいじめるって言われた」と話す息子に、私は「言っても言わなくても、またいじめられるかもしれないから、先生に話そう?」と言いました。すると息子は「ママに言わなきゃ良かった」と……。もしこれで先生に言ったら、次に何か合ったとき、今度は何も話してくれなくなってしまうのではないかと思い悩んでいます。先生に話すことが正しいのかどうかが、わからなくなってしまいました。どうしたらよいのでしょう……。自分ひとりで判断できずに情けないです』

同級生に水溜まりに入ることを強要され、びしょ濡れの靴で帰ってきた息子さん。子どもの悲しい姿を目撃し、なんとかしてやりたいと考えるものの、お子さんからの信頼を失うかもしれない事態に。どうすればいいものかと心を痛め、悩んでいる様子がうかがえます。

「先生に言うべきだよ!」というママたちの声

ママスタBBSに集まった頼れるママたちが、不安でいっぱいの投稿者さんに力強い言葉をぶつけてくれました。

『迷わず学校に伝えるよ。中学生や高校生なら多少は自分の身を守れるだろうなとは思うから様子を見るけれど、小2なら問答無用で学校に言う。親なり教師なり、大人の介入が必要な年齢だと思う』

『先生に伝える。まだ小2だよ? 自分で解決できるレベルの問題じゃない』

「先生に言わないで」というお子さんの気持ちを理解しながらも、「先生に言うべき」というコメントが続々と届きました。しかし先生に話すことでいじめがエスカレートするのではないかという心配と、お子さんの信頼を失うかもしれないというママの不安も気になります。それを踏まえたうえで、こんな意見も届きました。

ママの不安を含めて相談する

『子どもが先生には黙っていてほしいと言っていたことを伝えて、今後注意して様子をみてほしいと相談する』

『子どもが「先生に言わないで」と心配していることも含めて、すべての経緯を話すよ』

『先生に言われて大事にしたくないんだよね。わかる。でもそのままではエスカレートするかもしれないし、担任と学年主任に相談した方がいい。もちろん「言わないで」って言われたということを強く主張して』

いじめられた事実だけを伝えるのではなく、本人は「言わないで」と言っていたということを含めて相談した方がいいというママたち。実際に起こったことを伝えつつ、息子さんがなぜ「言わないで」と言っているのかということも、先生に理解してもらう必要があるようですね。

先生に相談すること以外でママにできることは?

学校以外にも相談してみる

『家庭支援センターか児童相談所に行きなよ。いじめ問題は学校、虐待は児童相談所なんてカテゴリーは誰も決めていないよ。子どもを守るためにある施設だから、子どもが受けているいじめ問題をまず相談。先生に言うなって相手の子に言われたのなら、学校に言わなくたっていいよ。地域の窓口に相談してみてもいいのでは?』

「先生に言わないで」と言われても、何もしないではいられませんよね。お住いの地域の自治体に、いじめ問題について相談できる場所がないかを確認し、あれば相談員の方に現状を相談してみるのはいかがでしょうか。

下校時にパトロールをする

『たまに不意打ちで、途中まで迎えに行くようにしている』

『子どもたちの下校途中、「神出鬼没のママ」をしています。どこでいつ出会うかわからないママとして偶然を装い、たびたび下校途中の娘たちと会って帰ります』

いじめは先生の目の届きにくい”下校中”にも行われることがあります。下校時に迎えに行ってみる、偶然を装って話しかけてみるなど、いつ現れるかわからないママは、きっといじめっ子にとって目障りな存在となるはずです。“神出鬼没のママ”は、もしかするといじめの抑止力につながるのかもしれませんね。

いじめには屈しないという気持ちを育てる話し合いを

お子さんがいじめられているかもしれないと思うと、ママたちはきっと必死に解決策を探すことでしょう。しかし一番大事にしたいのは、今、目の前にいるお子さんの心のケアではないでしょうか。傷つき、悲しみで心が埋め尽くされているお子さんの心に寄り添ってあげてください。

『「ママはあなたのことが大好きで大事だから。大事なあなたがツライ目にあっていて、黙っているわけにはいかない。ママが絶対にあなたを守る。二度とさせない。話してくれてありがとう」と伝える』

『「どんなことがあっても、絶対にあなたをパパとママがあなたを守る」って言ってあげて』

まずはお子さんと気持ちを近づけることが大事だと考えているママたち。気持ちを近づけてから今後どうするべきなのかを話し合えば、お子さんもママのことを信用してくれるのではないでしょうか。ママたちからの言葉は、お子さんにとってきっと大きな力になるはずです。

「先生には言わないで!」と話す息子さんは、「言ったらまたいじめるよ」という相手の言葉を恐れているのでしょう。もしかしたら、もっと別な気持ちも隠れているのかもしれません。親に心配をかけたくない、いじめられていると思いたくない。1人で解決できるはず……など、お子さんがどんな気持ちでその言葉を口にしたのか真意はわかりません。ですがどういった理由があっても、「いじめは絶対にダメなこと」です。いじめの解決に気持ちを向けることももちろん大事ですが、いじめには負けないという強い気持ちを育ててあげることもときには必要なのかもしれません。

 

「いじめは職員室内にもある」

教員間の暴行・暴言問題について話す武田さち子さん=東京都内

教員間の暴行・暴言問題について話す武田さち子さん=東京都内

 

神戸市立東須磨小学校で発覚した教員間の暴行や暴言は、その卑劣な手口を含め、社会に大きな衝撃を与えた。なぜ暴行、暴言がこれほど職員室にまん延したのか。防止策や児童のケアは-。この問題で外部の委員会による調査が大詰めを迎える中、改めて課題を考えたい。いじめや体罰の問題に詳しい教育評論家の武田さち子さんに聞いた。

東須磨小のケースは特異か。

 「そうは思わない。教員同士のいじめは、昔から結構あった。1997年から10年間、学校や職場のいじめの電話相談活動に関わった。いじめ被害を訴える教員は多く、大事なプリントを隠す▽生徒に悪口を言う▽会議の日程を教えない-など、幼稚な事例が目立った」

 「教員の大半は、いわば『学校順応者』。ずっと学校的な価値観の中で生きてきた。同質的、閉鎖的になりがちで、いじめが起きやすい。校長や教頭は、優しい教員より子どもをしっかり管理するタイプを評価する。管理職から評価され、発言力のある教員に追従して保身を図る同僚もいる。職員室でもいじめは起きるという、当たり前の前提に立った対策が必要だ」

 -確かに教員も聖人君子ではない。だが、激辛カレーを無理強いするなどのやり口にはあぜんとした。

 「今回の加害者が当てはまるかどうかは分からないが、大学の体育会系部活動で起きるいじめのノリに近いと感じた。罪悪感がなく、他人をいじめることで万能感を味わっている印象だ。あくまで一般論だが、いじめの加害者は年齢が上がるほど反省しにくく、同じような行為を繰り返す。人間関係のコントロール力にたけていて、周囲を味方に付けるから陰湿化、巧妙化しやすい。大人の場合は精神的な病理を抱えている可能性もある」

 -東須磨小の児童たちのショックは計り知れない。

 「子どもたちの不安や悩みにきめ細かく対応するのはもちろん、全教員が今回のことをきちんと反省し、大人であってもいじめは許されないとしっかりと示すべきだ。調査結果や処分の内容も、子どもに分かるように丁寧に説明した方がいい。一番やってはいけないのは、さっさとふたをすること」

 「暴力や暴言を振るった教員を子どもと直接関わる仕事に戻すのは、リスクが大きい。『再発』の恐れがある。深刻な体罰で処分された教員が現場に戻ってまた暴力に訴えるケースをいくつも見てきた。万が一、教壇に復帰させるのであれば、カウンセリング体制を整えて心の動きや行動を把握してほしい」

 -教員間のいじめ防止には何が求められる?

 「企業やスポーツ界のハラスメント防止のガイドラインなどを参考に、各教育委員会で学校版ガイドラインを整備し、それを順守できる体制をつくらなければならない。東須磨小については、子どもたちや保護者の意見を取り入れながら、防止策を考えるべきだ。そうでないと、子どもたちは納得できない」

【たけだ・さちこ】1958年東京都生まれ。教育評論家。国内外の子どもの人権に関わる活動に携わる。学校の事故や事件の調査・研究を担う一般社団法人「ここから未来」の理事。自治体の外部調査委員なども歴任した。