いじめニュース速報@イジ速

いじめ事件 ・イジメ ニュースを発信中!スマホいじめが増加!子供達をいじめから守ろう!

マンガ「ホームルーム」いじめられっ娘の女子高生がストーカーの標的に…

f:id:ryoushinn11:20200922214521p:plain

「校内ストーカー」のヤバすぎる愛情

戦慄の「学園サイコパス・ラブコメディ」

今年1月から放送されたドラマ『ホームルーム』をご存知だろうか。

TBS系列の毎日放送(大阪)が制作した毎回30分の深夜ドラマだが、在京キー局では放送されていない。しかしながらSNSを中心に中毒者が続出し、TVerティーバー=見逃し番組の無料動画配信サービス)の視聴ランキングで1位を獲得するほどに。同クールの『テセウスの船』(TBS)や『恋は続くよどこまでも』(TBS)を退けての快挙だった。

原作となったのは、講談社「コミックDAYS」にて連載されていた同名マンガ『ホームルーム』である。「学園サイコパス・ラブコメディ」をテーマとする本作は、ドラマの最終回に先立って今年2月20日に全87話にわたる連載を終えた。衝撃のラストを描き切ったのは、「異才の新人」と期待の集まる千代さん。最終8巻の単行本も今夏発売された。

いったいどんなストーリーなのか。

毎日クラスで不快なイタズラを受け続けているイジメられっ子の女子高生・幸子。犯人は不明。でも、実はそんな日々もあんまり苦じゃない。なぜならいつだって憧れの愛田先生が彼女を助けてくれるから。爽やかでイケメン、そして正義感の強い先生はいつだって皆の人気者。もちろん幸子にとっては特別なヒーロー。でも、そんな愛田先生にはある隠された“秘密”があり…?

現代ビジネスでは、『ホームルーム』のアンコール連載を8月7日よりスタートする。ドラマにハマった人も、初めて読むという人も、読み進めるごとに戦慄すること間違いなしだ。

 

担当編集より一言!

漫画界に彗星のごとく現れた奇才・千代先生のデビュー作!多くの電子書店で総合ランキング1位を獲得し、今年1月からMBSにてTVドラマ化もされました。ラブリン役・山田裕貴さんの怪演が大きな話題を呼び、全国放送じゃなかったにも関わらず、TVerランキングではなんと1位を獲得。ストーカー教師といじめられっ子JKとの歪んだ愛を描いたサイコ・ラブコメとなっております。

本作の魅力は、なんといっても登場人物たちの予測不能なアクション!純愛が暴走していく様に、ドキドキハラハラが止まらないはず。第1話のラストにはきっと誰もが戦慄することでしょう。千代先生の描く奇妙奇天烈な恋の味をぜひご賞味ください!

 

いじめをもみ消したい担任教師を描くサスペンス1巻

f:id:ryoushinn11:20200922214119p:plain

永瀬ようすけ「クラスにいじめはありません」の1巻

同作は中学教師・西島匠が担任するクラスの生徒・太田真里奈が、飛び降り自殺をするところから始まるサスペンス。西島は太田がいじめが原因で死んだことに薄々気付いていたが、面倒くさいという理由で学校側に報告しなかった。しかしある生徒が太田へのいじめがあったことを告白してきたことで、西島はこの問題に向き合わざるを得なくなり……。いじめをもみ消したい西島を中心に、複雑な人間模様が描かれる。なお同作はピッコマの独占先行配信作品として連載中。単行本の発売を記念し、新潮社Webマンガサイト・くらげバンチでも一部公開されている。

 

 

米沢中央高野球部でいじめ

加害生徒を処分

 米沢中央高(山形県米沢市)は8日、野球部で昨年秋から今年にかけて、生徒1人が同学年の生徒2人からいじめられていたことを明らかにした。
 同校によると昨年9~10月ごろ、敷地内のプレハブ練習場で、当時2年の男子生徒2人が同学年の男子生徒の肩や尻を数回、殴ったり蹴ったりした。今年2月中旬には部内行事を巡りトラブルになり、加害生徒のうち1人が会員制交流サイト(SNS)で被害生徒へ「殺すぞ」とメッセージを送ったという。
 被害生徒はメッセージを受けた翌日に顧問へ相談。調査で昨年の暴力行為も判明した。同校はいじめと認定し、加害生徒2人を2月中旬から約2週間、自宅待機させ厳重注意処分とした。
 栗原裕俊校長は「今回の事態が起きたことは反省しなければいけない。引き続き当事者の心のケアに当たりたい」と話した。

 

【実話】過酷ないじめを受けた脳性まひのヴァイオリン少年 マンガ「水晶の響」

youtu.be

 

[斉藤倫]の水晶の響(3) (BE・LOVEコミックス)

 

ヴァイオリニストの式町水晶(しきまち・みずき)さんをモデルにしたオリジナルマンガ。

「水晶の響」

 

3歳のときに脳性まひ(小脳低形成)と診断された式町さんは、リハビリとして4歳からヴァイオリンを始めました。障がいにより指の力の入れ方さえも分からなかった状態から、想像を絶する努力、師との出会い、家族の支えにより、多くの人を魅了する演奏を奏でるまでに成長し、さらに作曲とアレンジの才能を開花させたポップ・ヴァイオリニストです。

8月12日には最新コミックス第3巻が発売。水晶の歩む物語はめまぐるしく移り変わっていきます。けれども、その支えにあるのはやはり音楽なのです。

FRaUwebでの出張短期連載のラストを飾る第5話では、小学6年生になった水晶にさらなる試練が訪れます。音楽クラブの仲間たちとのふれあいで希望を見出すも、クラスメイトからの過酷ないじめは悪化する一方で…。 

あらすじを振り返ると…

3歳のときに脳性まひ(小脳低形成)と診断された式町水晶は、4歳でヴァイオリンと出会う。小学校6年生になり、支援学級から通常学級に編入した水晶を待ち受けていたのは、壮絶ないじめだった。しかし、ピアノを弾く葉月唯という少女と出会い、学校での居場所を見つけていく。葉月をはじめ、音楽クラブの仲間と演奏することで、音楽でつながれる喜びを知る一方、障がいゆえの孤独を感じはじめる。ある事件をきっかけに音楽クラブをやめ、中学生になっても、孤立した毎日を送っていた水晶だが、ずっと口をきいていなかった葉月と同じクラスになって心が動きだし…?

強くなりたい!!という思いで弾いていたヴァイオリンーーだが、葉月との再会で水晶の「音」に変化が……!?

 

f:id:ryoushinn11:20200922212228p:plain

 

 

 

【プロフィール】
斉藤倫(さいとう・りん)
愛知県豊橋市出身。1981年集英社別冊マーガレット」にて「なんとなくあいつ」でデビュー。代表作に『すっとんきょーな兄妹』(全3巻)『世界を敵に回しても』(全4巻)『路地裏しっぽ診療所』(全7巻、以上集英社)、『ノーにゃんこ ノーライフ』1~2巻(ホーム社)など


式町水晶(しきまち・みずき)1996年北海道生まれ。3歳の時に脳性麻痺(小脳低形成)と診断される。リハビリの一環として4歳からヴァイオリン教室に通い始める。5歳の時に網膜性変性症・眼球運動失調・視神経乳頭陥凹拡大(緑内障)が見つかる。8歳の時に世界的ヴァイオリン奏者、中澤きみ子氏に師事。プロを志す。音楽性の幅を広げるため、10歳からポップスをはじめ、幅広いフィールドで活躍中のヴァイオリニスト、中西俊博氏に師事。現在も研鑽をつみながら、コンサート活動と楽曲制作に取り組む

 

「本人がイジメだ」と言わなければイジメとして扱えない事情…

shutterstock_88405840

「本人がイジメだ」と言わなければ、イジメとして扱わないという考え方が邪魔をして先に進めない…

 

「子どもたちのシグナルを見過ごすな!」というフレーズは、イジメ撲滅のための社会啓発のキャンペーンで使われることが多くあります。しかし、実際には、これができる教師、学校は少なく、しばしば子どものイジメ自殺という悲しい事件が起きたりします。

日本の場合、意識の高い学校や、有意義な研修会もあったりしますが、どのように子どもたちの発信するシグナルをキャッチするのか、どのようなプロセスで解決したか、という部分に関しては、個人のスキルに負うことが多く、そのノウハウが学校現場で共有されることは少ないのです。

シグナルを見過ごさないためには、日ごろから子どもたちとの会話や交流、行動観察、人間関係の把握、家庭状況を知ることが重要です。しかし、それだけでは足りず、他に、「深い洞察力」というものが必要です。深い洞察力は、その状況を正確に把握する力、原因を分析する力、どんな結果に至るであろうかを推察する力、そして良い解決に導くための先見力、そして何より、子供たちの心を理解する力、思考をはかる力が必要となります。

女子中学生の不可解な行動。もしや――

ある秋の日、私は、大規模校A中学校から相談があり支援を依頼されました。それは、ある中2の女の子が、教室で落ち着いて授業を受けることができない、授業中、トイレに行くと言い席を立ち、そのまま廊下をふらふらとしてしまう、どうもメンタルに問題があるのではないか、といったものでした。依頼を受けてスクールカウンセラーとともに訪問しました。まずは本人に意識させず、周囲にも悟られないよう、学校見学という自然な形で校長先生に誘導していただいて、授業参観及び校内巡回のスタイルで彼女を観察することにしました。その子は、ふらふらといった悠長な表現ではおさまらない状態でした。教室に入れなくて半泣きで廊下にたたずんでいたり、時に、窓から顔を出し、もしかしたら、その窓から飛び降りてしまうのではないかと危惧される状況もありました。

教務主任さんによると、どうも家庭では彼女に対して切迫感を持っていらっしゃらないということでした。メンタルが心配なので、母親に精神科で受診するよう勧めたところ、母親は仕事で忙しく受診が難しいと何度も断られたとのこと。とうとう業を煮やした先生は、母親の同意のもと土曜日に生徒を連れ出して、近隣のメンタルクリニックで受診させたところ、医師から「特に問題なし」と診断されて、頭にきていることを話してくださいました。学校にいる間、その子は、廊下で泣いたり、うずくまったり、情緒不安定なので、先生としては自殺でもされるのではないか、と心配だったのです。ですが、医師の前では、ニコニコと笑顔で話ができ、あっけにとられたというのです。

そのあと保健室の女性の養護教諭さんからもお話を聞くことができました。「彼女はランチルームを利用していない。お弁当を持ってくるがどこにいるか誰も知らない。昼休み時間が終わり、午後の授業が始まる前に姿を見せるので、トイレで食べているのではないか」といったものです。

 

本人から発信されない「いじめ」に気付けるか

訪問した日の午後、たまたま体育の授業があり、グラウンドでミニラグビーをしているというので、生徒から見られない位置から見学することにしました。中学校は、男女別に授業を行います。2クラスの女子たちがプレイをしていました。その状況を観察して、スクールカウンセラーと私は無言で顔を見合わせ、うなずきました。彼女の状況の一端が理解できたのです。

彼女がなんどもなんどもパスを受ける体勢をとってボールを待っていたにも関わらず、女子生徒たちの誰一人、彼女にボールを渡す子はいませんでした。それでも、健気に彼女は走り回っていました。なんと悲しいことか、集団シカトされていることが推測できました。

一方で彼女は、ほぼ毎日登校していました。そこから、

1. 本人自身は学校で学びたいこと
2. 自分の情況や思いを言葉に出して表現できる術を持っていないこと
3. どうしたら良いかわからず、身体的にSOSを出していること

などが分析できました。たしかに家庭では、親が忙しく本人に向き合えない側面はありました。しかし、大きな問題は家庭ではなく、学校という場所にありそうです。大人との関係ではなく、子ども同士の関係において、問題を抱えていることが推測できました。

簡単に言うと、私たち、外部の人間から見ると、これは「イジメ」なのではないか、と思ったわけです。内部の先生たちは気が付いていなかったのでしょうか、多分、気が付いていた方もいたと思います。けれども、「本人がイジメだ」と言わなければ、イジメとして扱わないという考え方が邪魔をして先に進めないでいたのです。直近の対処療法として、本人のメンタルを改善するしかないように思われました。毎日、登校するので、不登校ではないので、学校としては、手の打ちようがなく困惑していたのです。

結局、学校が良いと思えるクリニックへの受診やカウンセリングの継続は、本人が苦しいことを取り除くための解決には結びついていないことは明らかでした。

まずゴールを決め、そこに向かって何をしていくか

私たちは、学校と話し合って、その子にとって一番良い「ゴール」を定め、共有しました。それは、「落ち着いて教室にいられるようになる」ことです。とても難しいことです。ストレスフルな環境のまま、どう介入していくか検討しました。

私たちは、ご提案をさせていただきました。先生方も授業がありますし、部活もあります。ですから、四六時中、寄り添うことはできません。そこで、

1. ランチ時間の個別サポート
2. 定期的な授業時間の校内巡回、そして
3. 登下校時の寄り添いを私たち派遣された人間がサポートすること

を提案したのです。私たちがしばらくこの学校に通勤することになったことにして、本人の自尊感情を大切にする形で、彼女を案内係としてつけてもらうことにしました。本人には、私たちの案内役として、ランチ時間に私たちと一緒に食事をとること、登下校時は、防犯パトロールのために公園などの場所を案内してもらうことを伝えて了承を得ました。やわらかい表現ながら、「もうトイレで食事は絶対させない」という強い決意をしたわけです。

さっそく、私たちはランチを体育館入口前のオープンスペースをお昼の場にしました。しばらくすると打ちとけるにしたがって、少しずつ会話がはずむようになりました。でも、最初は周囲の目を気にして、他の生徒が近づいてくる足音がするだけで身をすくめたりしていました。できるだけリラックスできるよう会話を心がけました。トランプをしたり、コラージュをつくったりもしました。ある日、足を止めた上級生の女の子にも仲間に入ってもらいました。

登下校時も、私たち大人が寄り添うようにしたところ、小学校時代に友達だった他のクラスの女の子たちが集まってきて集団で公園を見回ったり、時には、道草して、追いかけっこをしたりすることができるようになりました。もう、独りぼっちではなくなったのです。

授業巡回することで、ミニラグビーやサッカーの授業では、大人の目を意識してか、パスが回るようになりました。最後まで、彼女自身はイジメや集団シカトされていた、とは口にしませんでしたが、それでも少しずつ教室にいられる時間は確実に増えてきました。そして半年が過ぎました。

大人たちがゴールを描ければいじめは解決できる

最後の仕上げの時期になりました。クラス替えです。進級し新学期を迎え、彼女が心を許す美術の先生が担任になりました。また、彼女を無視していた女子とは、別のクラスになるようにクラス分けをしました。加えて、同じクラスに小学時代の友達を入れました。

新学年になって最初のランチの時間、そっとのぞきに行くと、彼女は自然に机の向きをかえ、お友達とお弁当ランチをしていました。これで、私たちからは卒業です。もう廊下に出て、情緒不安定になることはありませんでした。

彼女の精神が安定し、授業も集中して受けられるようになり、円満な人間関係を形成することができるようになったのは、新しい環境を作ることができたためと、それに至るプロセスのなかで、しっかりとゴールが見通せていたからです。

時として、思春期の子どもたちを教育指導する際に、原因を発見し分析するだけではなく、その問題を乗り越えるためには、子どもたち自身に力を持ってもらうことが大切です。

いじめのシグナルを見過ごさず、解決していくためには、苦しんでいる子の心に注目し、悩みの根本を見抜き、大人たちが、ありありとゴールを描いて、そのために何をするか、といった視点で力を合わせて支援していけることも解決に至る道筋だと考えます。

 

 

I.O.I出身 ソミ、学生時代にいじめられていたことを告白

ソミ

I.O.I出身で、ソロ歌手として活躍するソミが過去のつらい思い出を語った。

MBCのテレビ番組「ラジオスター」に出演したソミは、学生時代いじめられ、仲間外れにされていたことを告白した。

ソミは、テコンドーがしたくて小学3年生のとき、外国人学校から韓国の一般の学校に転校した。

転校してすぐに、生徒会長選挙があり、「君が出たら投票してあげるよ」と言われ、生徒会長がどんなものかも分からないまま出馬してしまったという。この結果、最多得票数を記録し、本当に生徒会長になってしまった

それが気に入らなかったのか、次の日からクラスの友人たちに妬まれ、6年生の1学期までいじめられ続けたという。ソミいわく、「生徒会長で仲間外れにされていたから、一番仲が良いのは先生だった」という。

しかし、強気なソミはそれだけでは終わらなかった。デビューして有名人になったあと、いじめの主犯格だった友人と道端でばったり遭遇したソミ。気まずそうにしている友人に先に近寄って挨拶をすると、相手は目を丸くして驚いていたという。「その友人から『写真をとってくれない?』と言われ、撮ってあげた。なんだか爽快な気分だった」と当時を振り返った。

このソミのエピソードにネットでは、

「痛快なエピソード」

「やっぱりソミはカッコいいよね」

「こんなに優しいソミがいじめられるなんて!」

と、好意的なコメントが多く寄せられている。

 

いじめ、SNSトラブルに困ったら警視庁のヤング・テレホン・コーナーに相談

警視庁のヤング・テレホン・コーナー(03-3580-4970)では、未成年者や家族、学校関係者からの相談を24時間体制で受け付けています。

※問い合わせには電話料金がかかります。

 寄せられる相談は、非行問題をはじめ、友だち関係、親子関係、いじめ、SNSに関するトラブルや犯罪の被害などさまざまです。困ったその時、相談したいと思い立ったその時に、ヤング・テレホン・コーナーで相談してみてはいかがでしょうか?