いじめニュース速報@イジ速

いじめ事件 ・イジメ ニュースを発信中!スマホいじめが増加!子供達をいじめから守ろう!

マンガ「ホームルーム」いじめられっ娘の女子高生がストーカーの標的に…

「校内ストーカー」のヤバすぎる愛情 戦慄の「学園サイコパス・ラブコメディ」 今年1月から放送されたドラマ『ホームルーム』をご存知だろうか。 TBS系列の毎日放送(大阪)が制作した毎回30分の深夜ドラマだが、在京キー局では放送されていない。しかしなが…

いじめをもみ消したい担任教師を描くサスペンス1巻

永瀬ようすけ「クラスにいじめはありません」の1巻 同作は中学教師・西島匠が担任するクラスの生徒・太田真里奈が、飛び降り自殺をするところから始まるサスペンス。西島は太田がいじめが原因で死んだことに薄々気付いていたが、面倒くさいという理由で学校…

米沢中央高野球部でいじめ

加害生徒を処分 米沢中央高(山形県米沢市)は8日、野球部で昨年秋から今年にかけて、生徒1人が同学年の生徒2人からいじめられていたことを明らかにした。 同校によると昨年9~10月ごろ、敷地内のプレハブ練習場で、当時2年の男子生徒2人が同学年の…

【実話】過酷ないじめを受けた脳性まひのヴァイオリン少年 マンガ「水晶の響」

youtu.be ヴァイオリニストの式町水晶(しきまち・みずき)さんをモデルにしたオリジナルマンガ。 「水晶の響」 3歳のときに脳性まひ(小脳低形成)と診断された式町さんは、リハビリとして4歳からヴァイオリンを始めました。障がいにより指の力の入れ方さえ…

「本人がイジメだ」と言わなければイジメとして扱えない事情…

「本人がイジメだ」と言わなければ、イジメとして扱わないという考え方が邪魔をして先に進めない… 「子どもたちのシグナルを見過ごすな!」というフレーズは、イジメ撲滅のための社会啓発のキャンペーンで使われることが多くあります。しかし、実際には、こ…

I.O.I出身 ソミ、学生時代にいじめられていたことを告白

I.O.I出身で、ソロ歌手として活躍するソミが過去のつらい思い出を語った。 MBCのテレビ番組「ラジオスター」に出演したソミは、学生時代いじめられ、仲間外れにされていたことを告白した。 ソミは、テコンドーがしたくて小学3年生のとき、外国人学校から韓国…

いじめ、SNSトラブルに困ったら警視庁のヤング・テレホン・コーナーに相談

警視庁のヤング・テレホン・コーナー(03-3580-4970)では、未成年者や家族、学校関係者からの相談を24時間体制で受け付けています。 ※問い合わせには電話料金がかかります。 寄せられる相談は、非行問題をはじめ、友だち関係、親子関係、いじめ、SNSに関す…

いじめで骨折! でも転んだことに…

いじめで骨折した生徒に口止めするなどして停職6カ月の懲戒処分を受けた兵庫県姫路市立中学校の元教諭の60代男性が県に処分取り消しを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第一小法廷(木沢克之裁判長)は6日、処分を取り消した二審・大阪高裁判決を破棄し、元…

いじめ苦手なキュウリが席に置かれる日々

「キュウリが苦手な同級生がイジメに立ち向かった話」 投稿者が久しぶりに高校の同級生に会った際、同級生の1人が学生時代にいじめられていたことを告白。その同級生は調理科に通っていたそうで、実習の際にキュウリが苦手だと話したところ、それを聞いてい…

いじめっ子がついに反省 衝撃のお仕置き!性被害

私は子どものころ、いいたいことがいえずに我慢する子どもでした。このお話は子ども同士でも性的な問題行動がある、ということに気付いてもらえればという思いで描きました。 幼稚園でズボンをおろす遊び!? 「子どもだからと軽視しないで」 あるとき、娘から…

お局数人「職場イジメ」にはどう対応すればいい?

上司も及び腰 「職場のいじめ」が気になります。僕の部署は男性が少なく、「お局」といわれる人が多い職場です。そのお局さん達がオバサン社員をいじめているのがすごく気になります。 たしかにオバサン社員は要領が悪く、ミスも多いのですが、いつもニコニ…

はるな愛さん、いじめに耐え抜いていま世の中に望むこと

個性あふれるキャラクターで多くの人に注目され、マルチな活躍を続けるタレント・はるな愛さん。2009年には、国際大会の「ミス・インターナショナルクイーン」で、日本人初の優勝を果たし、現在は飲食店経営の事業家としての顔も持っている。いつも明るく元…

人工知能(AI)を活用して、新サービスが登場

人工知能(AI)を活用してネガティブな投稿を検知したり、デマ情報の拡散からブランドイメージを守ったりするサービスが登場している。 インターネット上の不適切な投稿などを端緒に、批判や誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)が燃え上がるように殺到する「炎上…

子どもの「いじめ・自殺・貧困」の実態の企画の映画が公開中

加計学園問題で注目された元文部科学省の事務次官・前川喜平さんらが企画した映画 大阪で上映されています。映画には、前川さんが現役時代に知った子どものいじめ・自殺・貧困などの実態を色濃く反映させているといいます。 7月18日、大阪・十三にある映画館…

いじめの定義を勝手に変えた第三者委員会

なぜ彼らはいじめ被害者側から信頼を得ることができずにいるのでしょうか。これまで数多の第三者委と対峙しいじめ事件を解決してきた現役探偵の阿部泰尚(あべ・ひろたか)さんが、自身のメルマガ『伝説の探偵』でその理由を探っています。 いじめ第三者委員…

山梨県立高校など いじめ7割以上減少

youtu.be 4月から6月末までに山梨県の公立高校などで確認されたいじめは30件で昨年度の同じ時期から7割以上減りました。山梨県教育委員会は長期の臨時休校があったため減少したとみています。7月29日、開かれた山梨県教育委員会のいじめ問題対策委員…

いじめ次々と暴露するK-POP女性アイドル

ここ1カ月の間、K-POP女性グループ関連で好ましくないニュースが飛び交っている。グループ内のいじめや芸能事務所との葛藤を暴露するK-POPアイドルたちが続出しているのだ。 最も知られるところでは、ガールズグループAOA(エーオーエー)の騒動だ。 2012年…

星野源も小栗旬も…ジャンポケ斉藤だけじゃない、壮絶なイジメ体験を持つ芸能人

人気お笑いトリオ・ジャングルポケットの斉藤慎二の壮絶なイジメ体験が話題だ。小学校時代にクラスで一番背が低いという単純な理由から、彫刻刀で背中を刺されるなどハードなイジメが中学卒業まで続き、自殺まで考えたという。 イジメ体験を公言する芸能人は…

嵐・松本潤、二宮和也、いじめ被害に遭っていた

嵐の公式サイトより お笑いトリオ・ジャングルポケットの斉藤慎二が、読売新聞の企画で子ども時代に受けた壮絶ないじめについて語り、話題になった。 斉藤は小3の頃から背が小さいことを「理由」にいじめを受けるようになった。上履きを隠され、教科書を3階…

「いじめ対策監」という専門教師を岐阜市が導入その現場とは…

中3男子生徒のいじめ自殺から1年 同じ悲劇を繰り返さないための いじめ専門教師 「対策監」 の現場 1人の中学生の自殺がきっかけに…いじめ対策の専門「対策監」 岐阜市で、中学3年の男子生徒がいじめを苦に自殺した問題 当時、その友達を心配した友達が担任…

いじめる相手がわかっているとき、親としてはその相手に注意をしたくなるでしょう…

子どもが学校でいじめられていて、いじめる相手がわかっているとき、親としてはその相手に注意をしたくなるでしょう。でも相手は子ども、直接言うべきかは悩みどころかもしれませんね。あるママさんがお子さんのいじめについてママスタコミュニティにこんな…

ターゲットを変えていじめは続く…

わが子がいじめを受けていれば、親としてはどうにか止めたいと思うものでしょう。ですが自分の子どもへのいじめがなくなっても、今度は他の子どもが同じ目にあうこともあります。あるママも、いじめがなくならないことに悩んでいるようです。 『子どもは小5…

同級生からのいじめが原因で不登校

同級生からのいじめが原因で不登校になったとして、兵庫県尼崎市立小学校6年生(当時)の女児が、同級生の両親に約490万円の慰謝料などを求めた訴訟の第1回口頭弁論が14日、神戸地裁尼崎支部(西田隆裕裁判長)であった。同級生側は「訴状の内容は事…

熊本の高1いじめ自殺

2013年に熊本県立高1年の女子生徒(当時15)が自殺したのは、学校がいじめに適切な対応を取らなかったためだなどとして、遺族が県に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、福岡高裁は14日、不適切な指導で生徒が精神的苦痛を受けたと認め、220万円の支払いを…

いじめ公表! 同級生から「字汚い」と…

横浜市教育委員会は17日、いじめ防止対策推進法に基づく重大事態調査の結果、市立小学校で1件、中学校で1件、いじめがあったと認定、報告書を公表した。2件とも児童生徒や保護者の訴えを丁寧に聞かず、説明も不十分だったと学校の対応を問題視している…

ガールグループ「ILUV」出身シン・ミナ いじめ問題で自殺企図も…

ガールグループ「ILUV」出身シン・ミナが極端な選択をしようとしたという内容の映像を掲載し、「いじめを止めてほしい」と訴えて波長が広がっている。この文によってシン・ミナが「ILUV」活動当時いじめを受けたことはないかという疑惑が提起されたもの。こ…

韓国でも女性スポーツ選手がいじめで自殺

韓国のトライアスロン選手チェ・スクヒョンさんが22歳という若さで自ら命を絶ってしまった。スポーツ選手の自殺といえば、日本でも5月末に亡くなり、その後社会的な議論を呼んでいる木村花さんの死が頭をよぎる。偶然にも亡くなった年齢は両者とも22歳だった…

Instagramが新たないじめの温床に?

SNSはLINEやTwitterを中心に使っていた中高生ですが、2017年あたりからInstagramの利用時間が長くなっています。すると、かつては聞かれなかったInstagram上でのいじめ問題が浮上してきました。 2018年5月、熊本県の県立高校に通う女子生徒が自殺をした事件…

たかまつなな、壮絶ないじめ 「もう無理…」

ピン芸人で2018年よりNHK局員のたかまつななが2日、パワハラやいじめの被害に遭っていることをツイッターで告白。悩み続けている様子を明かしたところ、「大丈夫ですか?」「かわいそう…」とネット上で心配する声が次々上がっている ■SNSか職場なのか たかま…

休校明け「学校つらい」に理解を

新型コロナウイルス感染症に伴う一斉休校が終わり、各地で学校が再開された。元々、長期休み明けは、急な生活の変化に子どもが不安になりやすい時期。今回は感染の懸念や、休校による学習の遅れを取り戻そうと意気込む大人からのプレッシャーも加わり、さら…