いじめニュース速報@イジ速

いじめ事件 ・イジメ ニュースを発信中!スマホいじめが増加!子供達をいじめから守ろう!

小学校のトイレ文化、いじめ問題を変えたい 佐藤満春

トイレ博士”佐藤満春 「トイレの輪~トイレの話、聞かせてください~」 お笑いコンビ「どきどきキャンプ」の“サトミツ”こと佐藤満春(42)。彼は芸人活動の傍ら趣味でトイレの研究を始め、今では「トイレ博士」としてテレビ番組やイベントで活躍中だ。今年8月…

19年度労働相談「いじめ・嫌がらせ」最多更新

千葉労働局は、2019年度に寄せられた個別労働紛争の相談件数について、職場でのパワハラを含む「いじめ・嫌がらせ」が前年度比10%増(262件増)の2889件に上り、過去最多となったと発表した。全体の約3割を占め、8年連続で内訳別のトップだった。パワハラ対…

『十字架のろくにん』凄惨ないじめに苦しんだ少年の復讐サスペンス!

コイツだけは絶対に許さない、殺してやる! と思ったとしても、それを実行に移すことは絶対にないでしょう。なぜなら、自分が犯罪者になり、墜ちるのが嫌だから。しかし、愛する人が理不尽な殺され方をしたら、理性のたがが外れ、復讐に向かうかもしれません…

“闘剣”を手に、加害者たちへの復讐を誓ういじめコミック

本作の主人公は同級生8人からイジメを受け、病院で長らく昏睡状態だった黒神エリス。加害者たちの親は政財界の重鎮で、事件はもみ消されようとしていた。権力に立ち向かう術がなかったエリスの親は、事件を公にすべく公開焼身自殺を遂行。ようやく事件は明る…

いじめで中学時代に読んで救われたマンガとは?

“マンガ好き”のお笑いタレント・狩野英孝とグラビアアイドル・倉持由香がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「まんが王国 presents 世界はまんがで出来ている!」。毎日最大50%ポイント還元でお得感No.1、国内最大級のコミック配信サービス「まんが王国…

教職員対象のアンケート 「今後いじめが増える」9割に

新型コロナウイルスの影響で夏休みが短縮されるなど子どもたちは例年と違う状況で新学期を迎えていますが、NPO法人が教職員を対象にアンケートを行ったところ、「疲れた子が増えている」とか「今後いじめが増える」という回答がいずれも9割に上り、現場の…

いじめ対策の切り札

自分の子供がいじめの被害に遭ってしまったとき、親としてどのように動くべきかをシミュレーションできているという方、あまり多くはないかもしれません。 具体的いじめ対処を確認しておきましょう 事務所帰りの道すがら、ふと気がつくと、コオロギの鳴き声…

コロナ禍で差別やいじめが起きるメカニズム

新型コロナウイルスの感染拡大で、医療関係者への差別などが問題になり、最近では、子どもたちの間でコロナに関して、いじめが起きていると聞きます。 そこで、いじめ研究の第一人者で、東日本大震災に伴う東京電力福島第一原発事故に関する風評被害やいじめ…

半沢直樹の「やられたらやり返す、倍返しだ!」みたいな経験ある?

堺雅人さん主演のTBSドラマ『半沢直樹』が7年ぶりに復活し、話題を呼んでいる。『半沢直樹』といえば、「やられたらやり返す、倍返しだ!」という名台詞が有名だが、あなたも同じように、仕事で"倍返し"した経験があるだろうか。今回は、マイナビニュース会員…

わが子がいじめをしていた……。

その事実を知ったときママが思ったこととは? 自分の娘がいじめをしていた事実を知って、ショックを受けているママさんからママスタコミュニティに投稿がありました。いじめの内容が悪質だったようで、ママさんも取り乱しているようです。 『小4の娘が同じク…

いじめられていたママさんの本音!

いじめっ子が大人になって社会で成功していたら羨ましい? みなさんには「いじめっ子」から連想できる昔のクラスメイトがいますか? もしかしたらいじめとは認識していなくても根拠のない悪口や噂、クラスメイトからのシカトなどで苦しめられた経験があるマ…

いじめ引き起こした私を待ち受けていた「仕返し」

10年たっても消えない心の穴「私に悔やむ資格なんて…」 「私は小学生の頃、ある一人の女の子をいじめてしまいました。いまでもとても後悔しています」。現在22歳の女性が打ち明けるのは、子どもの頃に友だちをいじめてしまったことへの懺悔と、その後の自分…

いじめられた過去を明かし衝撃を与えた芸能人達

元AKB48・指原莉乃、SEKAI NO OWARI・Saori、小栗旬…… 元AKB48・指原莉乃が、8月30日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。一部週刊誌で報じられた“マンション購入”について「2部屋を購入した」と認め、話題になった。芸能界で活躍を続ける指原…

いじめ防止条例改正、教員の責務明確化

岐阜市議会は24日、いじめの早期発見や対処の在り方といった学校、教職員など個々の責務を明確にした市いじめ防止対策推進条例の改正案を賛成多数で可決した。年内に施行する見通し。昨年7月に市立中学3年の男子生徒がいじめを苦に自殺した問題を受け、…

日ハム選手妻とOB妻、「LINEいじめ」で“場外乱闘”

今年のプロ野球はコロナ禍で開幕が3か月遅れ、無観客試合でのスタートとなった。上限を5000人に限って観客を受け入れ始めたが、応援規制もあり、球場はどこか盛り上がりに欠けている。 しかし、早くも秋の気配漂う北の大地・北海道を本拠地とするプロ野球チ…

<川口いじめ>元生徒の母親、署員2人を告発

訂正しない県警の姿勢、見過ごせず 埼玉県川口市の川口市立中学校でいじめを受けて不登校になった男子元生徒(17)を巡り、学校や武南署員、保護者らの協議を記録した武南署の文書に虚偽の内容があるとして、元生徒の母親森田志歩さんは9日、文書を作成し…

ママ友LINEいじめの絶望

人間関係が難しいとされるのはママ友グループ。そこには“いじめ”も多く、LINEグループの存在で、そのいじめが加速してしまうことも多いという。ある実例を紹介する。 A子さんは、高齢出産ゆえのママ友との年齢差をいじられ続けてきた。場所は幼稚園でのママ…

「スクールロイヤー」の任用

スクールロイヤーが在籍する大磯町の教育研究所 大磯町教育委員会は、いじめや不登校など学校で発生する様々なトラブルに対し、弁護士が法律の見地から解決に向けた助言を行う「スクールロイヤー」の任用を始めた。法的知識の不足から学校が判断に迷う事案を…

若者がいじめ被害に「アカウント名だけでも深刻」

ネットでの誹謗中傷が社会問題として注目されている。暴言などを直接書き込むだけでなく、SNSで被害者になりすましたアカウントを作成し、悪意をもって投稿するなどのケースもあるようだ。 なりすまし被害にあうのは著名人だけではない。情報セキュリティの…

「人を見殺しにする」より大事なこと

いじめ見て見ぬふり…「私は嫌だ」 付属高校への合格が決まり、これで大学へも進める!と喜んでいたのに、進んだ高校ではいじめがあって……。「ハガネの女」「カンナさーん!」などで知られ、ツイッターで「夜廻り猫」を発表してきた漫画家の深谷かほるさんが…

「いじめ見逃しゼロ」どうすれば

いじめ防止をテーマに講演する仲野繁さん(右)と刀根麻理子さん=22日、新潟市中央区 いじめについて考える「いじめ見逃しゼロ 県民の集い」が22日、オンラインで開かれた。新潟県新潟市中央区の朱鷺メッセで、小学校の元校長らが講演し、学校側だけで…

「コロナいじめを許さない」というチラシいじめ被害を書いてポストに投函する仕組み

寝屋川市が「監察課」(2019年10月に発足した市長直轄の部署)を用いた学校のいじめ対応策の1つとして、新型コロナウイルスに対応した「いじめ通報促進チラシ」を市立小中学校の児童・生徒に配布します。 チラシ(小学生低学年・高学年・中学生向けの3種類)…

転学理由はいじめと認定 いじめから2年…

埼玉県立秩父農工科学高校に通っていた当時2年の女子生徒がいじめを理由に転学していた問題で、同校のいじめ問題対策委員会と県教委は報告書をまとめ、いじめが転学理由だったと認定した。女子生徒の父滝沢祐二さん(50)は11日、さいたま市内で記者会見し、…

「公衆衛生学」から学ぶ、いじめ対策

「なんかさ、これってヤバくない?」「あれ、ひどすぎるよね」圧倒的多数がそう思えば… 「公衆衛生学」という学問をご存じですか?一見、公衆衛生学といじめの問題はなんの繋がりもないように思えるのですが、わたしとしては「そうか!」と思わずヒザをたた…

「職場でいじめられている」と相談されたときに絶対NGの回答

メンタル不調が疑われる同僚や部下には、どう接したらいいのか。これまで1万人を診察してきた産業医の武神健之氏は「いきなり通院を勧めるのはよくない。まずは助けになりたいと思っていることを伝え、話を聞くのが大切だ」という――。 「小さな組織」ほどコ…

矢部美穂 いじめられて “頼れる大人” がいなかった中学時代

「いちばんキツかったのは中学1年生のときですね。クラス全員からバイ菌扱い。汚いとか死ねとか……」 グラビアアイドル、女優と幅広く活動し、現在もバラエティー番組などでキュートな笑顔をふりまく矢部美穂(43)。その陽気な姿の裏には、デビュー前、出身…

FKのキッカーを巡って言い合いに

バレンシアに所属する韓国代表MFイ・ガンイン(19)が、FKのキッカーを巡って主将のスペイン代表DFホセ・ルイス・ガヤ(25)と言い合いになったことで物議を醸している。 19日に行なわれたラ・リーガ第2節セルタ戦で、バレンシアは前半34分、PA右手前の絶好の位…

「親の顔が見たい」いじめ問題巡るArt-Lovingが上演

Art-Loving「親の顔が見たい」が、明日9月16日から22日まで東京・APOC THEATERで上演される。 「親の顔が見たい」は、渡辺源四郎商店の畑澤聖悟が、いじめ問題をテーマに執筆した戯曲。2008年に劇団昴ザ・サード・ステージが上演し、第12回鶴屋南北戯曲賞に…

いじめ原因究明の調査期間「1年以上」が2割

いじめが原因で児童生徒に深刻な被害が及ぶ「重大事態」について、全国の154自治体に原因を究明する第三者委員会の調査期間を尋ねたところ、調査に1年以上かかるケースが2割あることがわかった。2018年度に小中高校などで認知されたいじめは過去最…

『この町ではひとり』 アルバイト先でのイジメ

自分のせい、と抱え込みすぎないで。自身の体験からの優しいメッセージ。 「15年くらい前のことです。大人になればなるほど、当時19歳だった女の子に、周囲の大人はなぜあんなひどいことをしたんだろうと思って」 当時のことはブログに詳細にまとめていた。…