いじめニュース速報@イジ速

いじめ事件 ・イジメ ニュースを発信中!スマホいじめが増加!子供達をいじめから守ろう!

いじめ・差別を乗り越え56回の手術全記録

f:id:ryoushinn11:20171117102620p:plain

 

youtu.be

 

米国ユタ州のケイティ・ウィッカーさん(21歳)は「トリーチャー・コリンズ症候群」の症状を持って誕生した。


■トリーチャー・コリンズ症候群

 ケイティさんは出生時に5万人に1人の割合で生まれてくるトリーチャー・コリンズ症候群と診断され、呼吸を助けるために気管切開を受けた。新生児の時のケイティさんは泣き声が誰にも聞こえないほどかすかで、両親はわが子の様子を確かめるために顔を見つめていなければならなかったという。

ケイティさんの気道には問題があり、言語療法士が手話をコミュニケーションの方法とすることを勧めたこともあり、一家で手話を学んだ。

 しかし言語療法士の予測に反し、彼女は気管切開チューブ用のバルブを操作する事で話せるようになった。ケイティさんは5歳になると話し出すと止まらないくらい、とても話好きになったという。


■終わりなき手術――56回もの手術

 会話が可能になったケイティさんだが、彼女の顔は成長しても骨が正しく形成されずゆがんでいた。そのため彼女は、自分の腰骨と肋骨を使ってあごを修復する手術などを今までに56回受けてきた。

 最近では十分な栄養素摂取のために、彼女の閉じた鼻孔を開く手術を受けた。またほかにも多くの過酷な手術を受け続けてきたのだ。

 例えば、母親の子宮内で作られるはずの顔の形成に必要な骨が彼女には生まれつき不足していたので、医師は新しい骨を作るために彼女の顎骨を切って、顎の伸延をしなければならなかった。

そのため彼女は8週間もの間、針金で口を縛って閉じたまま過ごす必要があった。そして手術を行った今でも顎に損傷を起こす可能性のあるリンゴ、ステーキなどの硬いものを食べないように注意する必要がある。


■いじめ、そして人々からの心無い言葉

 ケイティさんの学校生活は、いじめによって苦難の連続だったと話す。しかし彼女はいじめをする子どもたちを勉強で打ち負かすことで、自分には知性があるということを知らしめたという。

 また現在ケイティさんはスキー場で働いているが、人々の中には彼女のことを「低能」と呼んだり、知的障害のある人に話しかけるようにゆっくり話す人がいるという。そして人々の中には無視する必要があるほど残酷な人々や、自分の言葉で彼女を傷つけていることに気づかない人たちもいる。

「君はバカだからここで働くべきでないよ」とケイティさんにわざわざ言いに来た人もいて、彼女はその言葉には本当に深く傷ついたと語る。

「人は私の容姿が他の人々と違っているので、精神面も“違う”のだろうと考えています。でも私は常に『それは間違いだ』と指摘しています」(ケイティさん)


■人々への呼びかけ

 ケイティさんは下段の動画で、「私のことを外見で決めつけないで」と呼びかける。彼女の顔が一般と違うために、人々は先入観を持つ。ケイティさんを外で見かけると子どもは彼女の顔について質問したがるが、親はそれを止めようとする。しかし正直なところケイティさんはじろじろ見られたりするよりも、直接話しかけられる方が良いと話す。

ケイティさんは自分の外見は完璧ではないかもしれないが、自分は知的能力がある普通の人間だと訴える。そして、「私はこの顔を持って生まれてきました。私の骨は変形していますが、話せて、見て、匂いを感じられます。問題は単に顔の骨だけなのです」と語る。

 そしてもっと普通の生活を送りたいと思ってはいるが、呼吸し、食べ、話すことができるなら自分を幸運だと思うときっぱりと言う。「私は人々が持つ偏見と先入観の問題を世の中に広く知らせて、たとえ問題が何であっても必ず乗り越えられることを伝えていきたいと思います」と話した。

 ケイティさんの闘志は並大抵ではない。普通の人だったら、1回で弱音を吐きそうなつらい手術を何と56回も乗り越えてきたのだ。その闘志で彼女はきっと今後、世間の先入観を打ち破っていくだろう。

 

 

映画 韓国小学4年生の「いじめ」と「ともだち」

 

9月23日より全国順次公開されるユン・ガウン監督の映画『わたしたち』は、10歳の少女の心の動きを、転校生との交流や級友から受けるいじめを通して描いた作品だ。

「クラスで少しずつグループに分かれ始めるのが小学校高学年。人間関係も複雑になるこの時期を舞台に選びました」

 子供の世界に、家庭環境や経済力という社会的な価値観が入り込むことで疎外が生まれていく。日本の光景に酷似しているが、これは韓国の小学4年生の物語である。

 それだけではない。

「描いているのは、一見、何でもない子供の日常です。しかし大人にも日々同じようなことは起きていて、決して子供の話ではないという感想を観た方からいただきました。大人になるほど、心の距離が埋まらない人とは疎遠になるものです。でも、子供のように何度でも向き合うことを諦めなければ、気持ちは伝わる。そういう思いも込めています」

 何気ないやりとりから、妬みや怒り、親しみの情が湧きあがり、その心情の機微はスクリーンに見事に映し出される。だからこそ、本作を観た人の多くが「目を離せなかった」と洩らすのだろう。

「本当に必要な場面でしか音楽を流していません。登場人物の気持ちは、息づかいからも表れていくものだからです」

INFORMATION

映画『わたしたち』
9月23日より、恵比寿ガーデンシネマほか全国順次公開
http://www.watashitachi-movie.com/

 

 

自殺の事実、学校伏せる 茨城

茨城県取手市で2015年11月、市立中3年の中島菜保子さん(当時15歳)がいじめを苦にする書き込みを日記に残して自殺した問題で、学校側が死亡当日、「受験を控えた同級生たちへの配慮」を理由に自殺の事実を伏せる方針を両親に伝えていたことが分かった。市教委はこれまで「遺族の意向もあった」と説明していたが、両親は毎日新聞の取材に意向を否定しており、自殺当初から事実を隠そうとしていた疑いが強まった。

「市教委が自殺の事実を隠した」とする毎日新聞の報道を受け、菜保子さんの父考宜(たかのぶ)さん(46)と母淳子さん(47)が当時の資料を調べ、判明した。それによると、菜保子さんが病院で死亡した同年11月11日午後、中学校の男性教頭(当時)が自宅を訪問。「受験を控えた3年生ということを考えると、不慮の事故で亡くなったという形で話をさせてほしい。いろいろな意味での教育的配慮だ」と話し、自殺の事実を他の生徒に伏せる方針を伝えた。

 その後、教頭は「調査は進めたい」とし、アンケートなどを行う方針を伝えた。これに対し、淳子さんが「死に損にならないようお願いしたい。ちゃんと調べてほしい」と泣きながら懇願すると、教頭は「責任を持って調べたい」とだけ答えた。

 毎日新聞の情報公開請求で開示された公文書によると、市教委はこの日の夜に臨時会合を開き、自殺の事実を伏せて「突然の思いがけない死」と生徒たちに伝える方針を決定。学校は12日に全校集会を開き、菜保子さんの自殺を「思いがけない突然の死」と生徒たちに説明した。

 両親は16日に日記を見つけ、いじめを調査するよう求めたが、学校は自殺の事実を伝えないまま、菜保子さんの名前を出さずにアンケート調査を実施。「いじめは確認できない」と結論づけた。

 考宜さんは、学校側がいう意向を示したことはないとし、「最初から菜保子の死と真摯(しんし)に向き合っていなかったことが分かる。子どもを盾に保身を図っていたとしか思えない」と話した。取手市教委と当時の教頭は「回答を控えたい」として、取材に応じなかった。

「全体的な事実把握調査を」大井川知事

 茨城県取手市立中3年の中島菜保子さんが自殺した問題で、先月の県知事選で初当選した大井川和彦知事が26日の就任会見で、「全体的な事実関係を把握する。スピード感を持って調査したい」と述べ、いじめの有無にとどまらず、市教委の対応も調査する方針を示した。

 この問題を巡っては、市教委が2016年3月に「いじめによる重大事態に該当しない」と議決したが、今年5月に文部科学省の指導を受けて撤回。橋本昌前知事は先月、遺族の要望を受け、知事直轄の新たな第三者調査委員会を設置する意向を示していた。大井川知事もこれを引き継ぐ意向で、10月3日に開会する定例県議会に第三者委設置の条例案を提出する方針。

 菜保子さんの父考宜さん(46)は「真摯(しんし)で誠意ある公平な調査をしてほしい」と話した。

 

高1自殺!母親、小池知事に再調査求める…

東京都教育委員会は26日、平成27年9月に自殺した都立小山台高校1年の男子生徒=当時(16)=に対するいじめの有無について「収集できた資料の範囲内で判断する限り、いじめがあったと判断するのは極めて困難」とする調査結果を公表した。いじめ問題対策委員会の調査部会が調べていた。

 調査部会は第三者で構成され、昨年1月に設置された。

 遺族や学校側から提出された男子生徒のツイッターなどのデータやアンケート結果の精査、生徒らへの聞き取りを実施した。

 その結果、水泳大会でクラスメートにからかわれたとされる出来事など、いじめの可能性を検討すべきだとした事案はいずれも「いじめの事実は認定できない」と判断。自殺の原因やその過程の解明は、「調査部会の権限を越えている」とし、究明は不可能とした。部会長の坂田仰・日本女子大教授は会見で「調査結果に自信を持っているが、任意の協力が前提である部会の調査には限界がある」とも述べた。

 一方、都教委は小寺康裕教育計画担当課長が過去に遺族とやりとりする中で声を荒らげたことがあったと明らかにした。小寺課長は「寄り添い切れなかったことを深く反省したい」とした。

 調査結果を受け、男子生徒の母親も同日午前に記者会見し、「非常に不公平な記載で、この結果では息子には見せられない」と話し、小池百合子知事に再調査を求めていく考えを示した。

 

大人になってから「いじめ」超悪質なモノ5選

いじめ

大人になってから、「いじめ」を受けたことはあるだろうか?

フリーの女子アナが「局時代にいじめを受けていた」と明かすケースもあるように、身近でも被害を受けている人がいるかもしれない。しらべぇの調査によると、以下のような結果になった。

いじめ

会社で受ける嫌がらせ行為は「パワーハラスメント」とも呼ばれるが、中には「小学生レベルか?」と問いたくなるほどの嫌がらせも存在するようだ。

 

 

 

 ■大人が感じた悪質ないじめ5選

編集部では、実際に社会人になってからいじめを受けたことがある人たちに話を聞いてみることに。どうやら、所属部署のメンバーを巻き込んでの壮大な嫌がらせもあったようだ。

 

①無視

「新入社員のころですが、1つ上の先輩が私のことを嫌いだったみたいで、あからさまにシカトをしてきました。目すら合わせてくれません。この先輩、私の同僚に対してはすごく優しいんです。しかも、私の前でそれを見せつけてきて態度を大きく変えるんです。いい大人がすることでしょうか」(20代女性/金融)

 

②上司が「オレの部下辞めてくれよ」と罵倒

「ゲイ疑惑があった上司は、男性の部下と地方から出てきて都会に染まってない女性には優しいんですが、私には違いました。ほかの男性社員が私に甘いのが気に入らなかったみたいで…。一度目を付けられてからは毎日が地獄。ついには、理不尽なことで怒り狂い『もうオレの部下辞めてくれよ!』と社内で罵倒してきました。ほかの社員のいる前で辱めを受けただけでなく、その日は終電過ぎるまで帰してもらえなかったんです」(20代女性/エンタメ)

 

③上司が「この企画失敗したらお前の責任だからな」とプレッシャー

「初めて大きな仕事を任されたとき、上司に『この企画失敗してもオレは知らないから。責任はお前だからな』と圧をかけてきました。まだ入社して3ヶ月の新人に全責任を押し付けるなんて、信じられませんよ。お互い性格は合わないのは感じていたので、嫌がらせだったのでしょう」(30代男性/広告)

 

④同僚がSNSの内容を会社中に広めて嘲笑

「入社したばかりのころ、早く周りの人と仲良くなろうと積極的にコミュニケーションをとっていたのですが、それがウザいと思われてしまったみたい。あるとき、同僚が僕の個人ブログを見つけて、その内容をおもしろおかしく社内LINEで広め始めたんです。もちろん、僕はそのグループから外されています。僕の知らないところで、そのブログをネタに悪口を言ってたんでしょう。それに耐えられず会社を辞めました」(20代男性/IT)

 

⑤仕事のミスを全社員が見えるチャット上で公開処刑

「前にいた会社は、仕事の作業報告などをリアルタイムでチャットしていました。仕事ができないと認定されてしまうと、そこから『退職までのカウントダウン』の始まり。小さいミスを見つけては、全社員が見るチャットで個人を攻撃するんです。目の前の席にいるのに、わざわざチャットで注意してくるんですよ? ほかの社員もそれに乗っかり、『そのミスはないわー』と追い打ちをかけてきます。これをいじめと言わず何と言うんですか? それから1週間もしないうちに、僕は会社を辞めました」(30代男性/IT)

 

経験者いわく、立場の上の者が下の者に上下関係を利用していじめるのがパワハラなのだとか。あくまでも、仕事に関わることで相手を執拗に攻め立て、「いじめ」だと周囲に見せないのだという。

こうした事例は、まだまだほかにもありそうだ。

 

いじめられていた女性が加害者と再会 修羅場に…

絶望

学生時代に受けたいじめは、卒業したあとも被害者の心の奥底に刻まれている場合が多い。

とあるツイッターユーザーが投稿した「いじめの被害者と加害者がとあるきっかけで再会した話」が話題になっている。

 

 

 

■いじめ被害者と加害者が再会し修羅場に

投稿したのはうりぼー(@okame83)さん。美容院でシャンプーをしてもらっていたときに、「帰ります!」という女性の叫び声が聞こえてきたという。

店内は「最悪! 二度と来ません!」というその女性の声と、「落ち着いてください」というスタッフの声が響いていた。

うりぼーさんはシャンプー中なので詳しい様子がわからなかったが、そこへ「あんた、高校の時私に何したか覚えてるの!? 私のことさんざんイジメといて、よく何もなかったような顔してられるよね! 最低!」と泣きながら叫ぶ女性の声が。

うりぼーさんが顔にかかっていたガーゼを取りおそるおそる店内を見渡すと、その女性がひとりの従業員にむかって「私ずっと忘れてないから! あんたが忘れても、あんたにされたこと一生忘れないから!」と顔を真っ赤にして興奮し、店を出ていってしまったという。

自分の髪をさわるアシスタントが、かつて自分をいじめていた「あいつ」だったことに気づいた女性。

美容学校を出て就職した店に客としてきた女性が、かつていじめていた「あいつ」だったことに気づいたアシスタント。うりぼーさんはそのふたりを見て複雑な思いになったという。

■ネット民からは被害者に同情の声が

ネット民からの反応は…

・被害者にとっては、加害者が生きているだけでも憎いし、真面目に働いているのも腹が立つだろうな…

 

・加害者が仮に店をクビになっても、別の店行けばいいだけだもんな。この女性は一生心のトラウマと戦わなきゃいけないのに

 

・この女性は復讐したいんじゃないんだよね。パニックを起こして1秒でも早く存在を消したかっただけ。同情しかない

一方でこのような意見も。

・女性がわめこうがなにしようが、同窓会に呼ばれるのは加害者だし、これからも人生楽しいのは加害者だよな…つらすぎる

 

・復讐したい、許さないって気持ちをもつのはいじめ被害者の許された唯一の権利だ

 

・いじめた側は記憶も忘れてるんだから「いまさら何言ってんの…」って感じなんだろうな

 

■2人に1人が経験の「いじめ」

しらべぇ編集部は全国20代~60代の男女1,381人に「いじめられた経験」について調査したところ、およそ5割が「いじめられたことがある」と回答している。

いじめ01

 

2人に1人が経験するいじめ。学校、職場、地域、ネットなど、いじめはその場所を選ばない。せめて、いじめる側になってはいけないという思いで人と接したい。

 

我が子でも許さない!親がした素晴らしい行動

児童虐待

近年は、自分の子供がいじめをしても「うちの子は悪くない」「相手の子にも問題があった」などと逆ギレをしてくる親も多いといわれる。

だが中には、我が子といえどいじめをする者を許さず、心を鬼にして子供にぶつかる親もいるようだ。しらべぇ取材班は、「いじめの加害者の親がした素晴らしい行動」を調査してみた。

 

 

 

①きちんと反省するまで学校へ行かせない

「小学校にいる娘のクラスでいじめが判明した時に、加害者の親が自分の子に『いじめは最低! ちゃんと反省するまでは学校へ行かせない!』と、激怒…。

 

口先的なものだと思っていたら、本当に3ヶ月ほど学校に来ませんでした。そして戻ってきた時にはきちんとおとなしくなり、いじめた子にもみずから謝罪を。

 

普通の親ならいじめたことを怒っても、勉強が遅れるのを気にして学校には行かせるのに、長期間休ませてでも反省させる決断をするってすごいな…と尊敬しました」(女性・33歳)

 

②いじめられた子のことを第一に考える

「子供が集団いじめに遭い、軽い不登校に。学校が聞き取りをしたら、いじめっ子の親は『うちの子はいじめたつもりはなかった』『こういう調査は子供の心によくない』と否定的。

 

でもその中でひとりだけまともなお母さんがいて、『うちの子がいじめをしたなんて申し訳ない。徹底的に調べてください』と、放課後も休日も、何度も子供を学校へ連れてきては調査を受けさせていました。

 

また我が家にも両親とお子さんで来て、謝罪をし、定期的に『息子さんの調子はどうですか?』と電話まで。いじめはしたけれど、この家のお子さんは立派な子に育つだろうと思いました」(女性・42歳)

 

▪️いじめられた経験者はこんなに多い!

しらべぇ編集部は20代~60代の男女1,381人に過去に1度でも、いじめられたことがあるか」を調査したところ、約半数もの人が「ある」と回答。

いじめ01

自身の子供がいじめを楽しむような卑劣な人間に育たないためにも、子供がいじめ加害者になったら「絶対にしてはいけない」ということを、しっかり教えたほうがいいだろう。