いじめニュース速報@イジ速

いじめ事件 ・イジメ ニュースを発信中!スマホいじめが増加!子供達をいじめから守ろう!

川口いじめ

åç

f:id:ryoushinn11:20190213140858p:plain

埼玉県川口市の市立中学校でいじめに遭った元男子生徒(16)が、インターネット上の「掲示板」で実名をさらされプライバシーを侵害されたとして、プロバイダー(ネット接続業者)三社に、発信者の名前などの情報を開示するよう求めた訴訟の判決が十日あり、東京地裁志賀勝裁判長)は三社に対し、開示命令を出した。原告側代理人の荒生(あらお)祐樹弁護士は「匿名で安易にネットいじめに加担することへの警鐘になる」と評価した。

 訴状などによると、提訴は六月十二日付。元生徒の実名やあだ名をさらした四件の書き込みについて、発信者の名前と住所、メールアドレスの開示をプロバイダー三社に求めた。

 元男子生徒は、二〇一五年の入学まもなくからサッカー部内で仲間外れや暴言、暴力を受け、二年生の秋には自殺未遂を起こした。一七年十月ごろ、誰でも見られるネット掲示板に、学校名入りで元生徒のいじめが話題(スレッド)に設定され、元生徒や母親を「虚言癖がある」「モンスターペアレンツ」などと中傷し、元生徒の実名やあだ名をさらす匿名の書き込みが相次いだ。

 判決では、「いじめを受けた事実は、無限定に広まると偏見や中傷を招きやすい」とし、実名やあだ名の書き込みがプライバシーの侵害に当たると認めた。元生徒へのいじめは、今年三月に市教委の第三者委員会が認定している。

 プロバイダーから発信者情報が提供されれば、元生徒側は精神的苦痛など賠償請求が可能になり、提訴も検討している。

 プロバイダー側は取材に対し「判決文が届いていないのでコメントできない」などと答えた。

◆元市立中生徒の母親「見えぬ相手に不安強く」

 「開示命令が出てよかった。見えない相手には注意も話し合いもできず、不安が強かった」。判決を受け、元生徒の母親はほっとした表情を見せた。

 ネット掲示板への書き込みが激しくなったのは、中学校が元生徒へのいじめについて保護者説明会を開いた直後だった。校長らの説明に事実と異なる点が多く、元生徒側に問題があるとして中傷する書き込みが集中した。

 母親によると、元生徒は友達から掲示板の存在を知らされ、口を利いてもらえなくなったり、知らない生徒から指をさされたりした。「自転車に乗っていた」などと行動を監視するような書き込みもあり、外出が怖くなった。高校生になった今も、新しい友だちが掲示板を読んで離れる不安にさいなまれるという。

 荒生弁護士は「発信者を特定する裁判は時間も費用もかかり、いじめ被害者が提訴に踏み切った例はあまり聞かない。今回は元生徒や母親に、提訴することでネットいじめを減らしたいという思いが強かった」と説明。母親は「書き込んだ人には、自分が特定されることで、身元を明かさず人を傷つけた悪質性に気付いてほしい」と訴えている。

 

いじめ自殺の男子「あす18歳の誕生日だった」

平成28年11月、学校にいじめの相談をしていた新潟市西区の県立高1年の男子生徒=当時(15)=が自殺した問題で、生徒の父親(46)が13日、新潟県議会総務文教委員会で口頭陳情を行った。父親は「あす12月14日は息子が生きていれば18歳の誕生日でした」と声を詰まらせながら話し、いじめ対策のための条例制定などを求めた。

 同委員会で父親は冒頭、「いじめ事件に対する教育委員会や教育関係者の理解不足、被害者や遺族への配慮のなさ、すべてが後手後手となり、子供たちの命と心を守りきれていていない現状は本当に深刻だ」と指摘。その上で、前例主義にとらわれない懲戒処分の基準や学校の内部通報者保護制度を含む条例を制定する必要性を訴えた。

生徒は28年11月21日早朝、JR越後線の線路上に立っているところをはねられ、死亡した。県教育委員会が設置した第三者委員会の報告書によると、同年9月ごろから悪口や不愉快なあだ名を言われるなどのいじめを受け、学校に相談したが解決しなかったとする内容の遺書が見つかった。

 第三者委が今年9月に学校側の対応の不備を指摘した報告書を提出。県教委の管理・指導の甘さも指摘されていることから、県教委は緊急事態と位置づけ、教員研修の強化などいじめ防止対策の見直しを進めている。

 県は11月、生徒の訴えに十分な対応を取らなかったとして、担任だった30代の男性教諭を減給10分の1(3カ月)にするなど当時の学校関係者6人と県教育庁の4人を処分した。

 

判決!いじめ書き込み「投稿者の氏名・住所開示せよ」

いじめでインターネット上に実名を公表された高校生の母親が、プライバシーを侵害されたとして投稿者の情報開示を求めていた裁判で、東京地裁は10日(2018年12月)に開示を命じた。

   被害者の男子高校生(16)は、埼玉県川口市の中学校に入学した3年前からいじめられるようになった。入部したサッカー部のグループLINEから外されたり、LINE上で悪口を言われたり、暴力を振るわれたりしたという。サッカー部の顧問からも体罰を受け、自殺未遂に及んだこともあった。

   昨年10月からは、インターネットの掲示板で「虚言癖があるから信用できない」「いじめられてるんじゃなくて嫌がられてるんでしょ」「靴の裏に悪口を書かれたそうですね。自作自演じゃないんですか」などと匿名で2000以上の誹謗中傷を書き込まれた。

   母親に対する悪口や、男子高校生の実名も書かれ、ネット上の誹謗中傷は卒業後も続いたという。男子高校生は「つらかった」と語る。

「原告のプライバシーを明白に侵害するものである」

   母親は今年6月(2018年)、プロバイダー3社に対し、掲示板に書き込みをした人物の名前や住所などを開示するよう求める裁判を起こした。東京地裁は、「原告のプライバシーを明白に侵害するものである」として、書き込んだ人物の氏名や住所などの情報開示を命じる判決を出した。

   「スッキリ」に対し、プロバイダー3社のうち2社は「必要な対応を検討する」「判決に従って開示する予定」と回答している。

匿名でエスカレートする誹謗や中傷

   母親は「匿名だからばれない、だから書く内容がエスカレートするんだと思います。匿名で書いたって個人が特定されるということを、多くの方に知っていただき、抑止につながれば」と話す。

   男子高校生も「いろんな人に(判決を)知ってもらい、いじめをなくしてほしい」と話した。

   モーリー・ロバートソン(ジャーナリスト)「ネットの書き込みは、群集心理にかられて野次馬や娯楽として行われることが多いので、今回の判決は抑止として有効だと思います」

   下川美奈日本テレビ解説委員)「一方で、パワハラの告発など匿名でしなければならない人たちにとって、行動を抑制することにならないといいなとは思いますね」

 

「いじめ防止法」ができたのに、なぜ自殺する児童が増える?

滋賀県大津市の中二男子のいじめ自殺事件を機に生まれた「いじめ防止対策推進法」。今年の九月で施行から五年たち、今、改正の気運が盛り上がっている。同法は、一刻も早く立法化しないと、今にもいじめで死を選ぼうとしている子供たちを救えないとの緊急性から、成立を優先した背景がある。

 なぜ、いま改正が必要なのか。いじめ防止法で「いじめの防止・早期発見」が謳われ、いじめ認知件数の増大という効果はあった。しかし、法律施行前の四年間に自殺した児童生徒の人数は七百九十三人だったのが、施行後四年間では九百四十二人。法律が施行されたにも関わらず百四十九人も激増したことになる。不登校に至っては二〇一七年度に十九万三千六百七十四人と、全国で三百八十七校分に相当。一人でも多くの命を、急いで救わなければならないの。

 元文科大臣の馳浩衆院議員が座長で超党派の議員による勉強会が積み重ねられ、十一月、改正素案が出来上がった。

 まず、今までの附帯決議が条文に織り込まれ、完成度も実効性も高い改正案になった。法律が自殺の歯止めになっていない実態を受け、学校・教委はいじめへの理解を深めなければならないと明記。適切な対応をとらなかった教員への罰則を新設し、「教員によるいじめ」も対象になった。

 第三者委員会の委託先を教育委員会か、地方公共団体の長から選べるようになるのも大きなポイントね。昨年三月文科省発表の「いじめの重大事態の調査に関するガイドライン」の「被害者に徹底的に寄り添う」等の精神も取り入れられ、子供の生命・心身の保護を「他の業務に優先して」行うべきことも規定された。

 まだ議論の余地はあるかもしれないけれど、いじめで死の淵に立つ子供を早急に救うために。今臨時国会での「いじめ防止対策推進法改正」を切望しているわ!

 

岩隈投手 いじめ撲滅特別授業に登場

f:id:ryoushinn11:20190213135048p:plain

プロ野球・巨人に入団する岩隈久志投手(37)が発起人を務めるいじめ撲滅プロジェクト「BE A HERO」の特別授業が14日、東京都文京区の本郷台中学校で行われた。岩隈投手は、全校生徒約170人とともにいじめを未然に防ぐ方法などを学び「一人一人が正しいことは格好良いと思って行動してほしい」と語りかけた。

 同プロジェクトは、いじめのない世界を作ることを目的に昨年11月に発足。全国で啓発イベントなどを実施している。授業内のディスカッションでは、岩隈投手が「助けを求めることは恥ずかしいことではない」と力説する場面も。生徒も積極的に参加して意見を交わし、相手の気持ちを考えて行動することの大切さなどについて考えた。

3年の森山純平さん(15)は「いじめを見つけたときは勇気をもってしっかりと注意したい」と話した。

 

 

「実名投稿」裁判”ネットいじめ”の苦悩

ある親子の行動が“ネットいじめ”に対する、抑止力に繋がるかもしれない。

中学時代、いじめを苦に自殺未遂を繰り返したという16歳の男性・Aさん。

ネットの掲示板にAさんに対する誹謗中傷の数々が投稿され、さらに「実名」まで書かれていた。

そこで今年6月、実名を書いた人物などを特定するため、Aさんと母親はインターネット接続会社3社に対して「情報開示」を求める裁判を起こした。

「とても辛かった」被害者が明かす悲しみ

事の発端は2015年。

Aさんは、埼玉県川口市の中学校に入学した直後から、同級生や先輩に悪口を言われるなどのいじめに遭っていたという。

また、Aさんの靴には「しね」という文字が書かれ、LINEには「しねかす」「ごみおつ」などの文字が…。

こうした“いじめ”に遭ったAさんは手首を切ったり、家の窓から飛び降りようとするなど、自殺を図ったという。

Aさんは「首を絞められたりとか、『死ね』『ウザい』とか『お前はみんなに嫌われている』とか、とても辛かった」と心境を明かした。

Aさんの母親は一番つらかったことを「息子に死にたいと言われた時。引っ張られて引きずられたり、そんなことをされていじめも止まないで、結局自殺未遂して、本格的に不登校になってしまった」と話した。

母親はいじめ被害を学校側や市の教育委員会に訴えていたというが、適切な対応がなされなかったとして、現在は川口市を相手取り、損害賠償を求める訴訟中だ。

“ネットいじめ”などの抑止力に?

さらに去年の10月、ネット掲示板に「イジメられてるじゃなくて、嫌がられてるんでしょ。自作自演じゃないんですか?」といった誹謗中傷が書き込まれ、更にAさんの「実名」まで書き込まれた。一方、書き込みはすべて「匿名」だった。

Aさんの母親は「こちら側が注意することもできないですし、話し合いをすることも当然できないですし、ただただ腹立たしいというか、卑怯だなという部分は大いにあります。あまりにもひどい…。それで個人特定にかかろうということで」と投稿した人物を特定するため、裁判を起こした。

判決が下ったのは12月10日。インターネット接続会社3社に対し、東京地裁は実名などの投稿によってAさんのプライバシーが侵害されたことは明らかである、ということから、投稿者の氏名、住所などの「情報開示」を命じた。

Aさんの母親は「(子どもの)ネットいじめに関して『開示命令』というのが今までなかったようです。(匿名での誹謗中傷の)抑止力になるというのは、多くの方から頂きました」と話した。

この判決についてネット犯罪に詳しいアークレスト法律事務所の野口明男弁護士は「ネット上だと、どうしても匿名で投稿できると考え、軽く投稿しがちなのですが、このような事例(判決)が出ることで、匿名での書き込みは減ってくるようになる」と指摘。

野口弁護士は、今回の判決は“いじめ”だけではなく、ネット上のさまざまな誹謗中傷に対する抑止力に繋がる可能性があるとした。

また、「投稿した本人を特定した上で、損害賠償請求をしていくという例はこれから増えていくと考えられます。(匿名の投稿に対する)対抗措置をとっていくことが出来るということが、今後はよくあると思います」と話した。

判決を受けAさんは「加害者の人(匿名の投稿者)にも『やっちゃいけないことをした』ということをわかってほしいです」と話した。

 

わが子が友だちにいじめられている!担任の先生に話すべき?

f:id:ryoushinn11:20190213134620p:plain

わが子が友だちにいじめられている!担任の先生に話すべき?大人になってから気づいた「いじめの理由」

子どもの交友関係がどうなっているのか、学校でのわが子の様子がどうなのか気になるというママもいるのではないでしょうか。下校してきたわが子の様子がおかしいと感じたときには、それとなく声をかけて話を聞くこともありますよね。小学生の高学年ともなるといたずらがエスカレートして「いじめ」に発展してしまうケースも心配です。もしわが子がいじめられているようなサインを出してきたら、みなさんはどのように対応しますか?

わが子が友だちに悪口を言われたようで心配!どう対処する?

ママスタBBSには“小学生のわが子が友だちにいじめられているようで心配”というママたちがトピックを立てています。わが子がいじめられているかもと思うと、ママとしては気が気じゃありませんよね。ママたちはどのようなときに学校側とコンタクトをとっているのでしょうか?

ママがサポートして必要があれば学校に伝える

『とりあえず様子を見て、子どもに毎日学校などでのことを聞く。また何かあれば学校に言うかな』

『子どもが親に、ありのままを報告できてるうちは大丈夫かなと思います! 「これからも話してね」って言っておくくらいで。でも大ごとにするつもりはないけど、何かあってからじゃ遅いからと前置きして、学校に報告はしておいた方がいいと思います』

『お母さんに心配かけたくないって気持ちがあるから、「別にいいよ」って言葉が先に出ちゃうんだと思うけど、心の中では「助けて」って言ってると思う! 担任に話したところでってなるかもしれないけど、子どものためにできる限りのことはやってあげよう』

子どもの話を聞いてすぐにアクションを起こすのではなく、子どもの言い分やあったできごとを聞いて必要と判断したら学校に伝えているママも。「いじめ」とそうではないこととの判別が最初のうちは難しいですもんね。

子どもの話を聞いたうえで学校側に伝える

『先生がいないときに泣かせる子もいるからね。私なら担任に話をする。しっかりした先生だと悪口を言う子に対してすぐに注意してくれるけど、様子見だと見逃すときが絶対にあるよね』

『学校行事とかで、近々先生に会う機会があるならそのときに言う。ないなら電話で伝えておくよ。放置なんて絶対にしない』

『学校に絶対言うよ。いじめっ子って先生の前ではやらないから悪質極まりないよね。悪いことをしてる自覚があるのに、大人しい子を狙ってずーっと隠れて続けるんだよ』

子どもが学校で嫌なことがあったり、いじめられていると思ったことがあったりしたら、早めに先生に伝えようと思いますよね。伝え方には連絡帳や電話に加えて、学校行事などで学校に出向いたときに直接先生と話せるような機会を伺うというママもいました。

学校に伝えても対処してもらえなかったら?

『学校に乗り込んでくよ。そんな理不尽受けさせるわけにはいかない! 担任がダメなら校長とか学年主任も巻き込むかな。こっちが毅然としてれば対処してくれると思う。ていうか対処させるよ、冗談じゃないわ』

『まず担任に言ってそれでもダメだったら、相手の親のところに行こう! 子どもはいじめをしていることを自分の親には知られたくないって気持ちが少なからずあると思う!』

学校に伝えても解決できないこともあるかもしれませんね。担任の先生で対処しきれない場合には、学年主任の先生や校長先生にも相談するかもしれないというママもいました。

いじめはどうして起きると思う?ママたちの見解とは

ママたちが子どもの頃には気づかなかった「いじめ」もあるかもしれませんね。大人になった今だからこそ、どうして「いじめ」が起きるのかがわかったり想像がついたりすることもあるのではないでしょうか。

『1対1ならケンカ。1対複数ならいじめ』

『いじめられてた子だけを集めても、いじめをする子が出るんだよね。人間だけじゃなく、群れをつくる習性がある動物やコミュニケーション能力が高い動物には起きる現象。いじめたいと思っていじめてるんじゃなくてその人にとっては普通のつもりの行動が相手を追いつめて(いじめて)いることがある。ところが、いじめてる方はそれに気がついてないこともあるから問題は深い。悪意のあるいじめは防ぎようがあるけど、悪意のないいじめは防ぎようがない』

1人を複数の人で攻撃してしまったら「いじめ」と判断するというママも。たしかに1対複数人のときにはいじめられていると感じてしまいそうですね。

『自己肯定感が低いから他人を攻撃することで自分を優位にしようとしてる。満たされていればいじめなんてする必要はない。ただ誰でも常に満たされてるわけじゃない。挫折したり辛い経験をしたりする。そのときに自分を受け止めてくれる親や友達がいればいいけど、そうでないと自分を守るために弱い人間を攻撃しようとする』

『満たされてない人がやることだよね。人に嫌がらせして、憂さ晴らしするような病んでる人間がいるからだよ。かわいそうに』

『人を傷つけることに全く抵抗ない奴がいるせい。そいつにけしかけられて一緒にいじめてくる奴もいるけど、1度問題になった場合は次からはいじめてこない。でも全く動じなくいじめ続ける人もいる。病気だからいじめをやめられない。そいつから逃げるしかいじめが終わらない』

『自信のない人が、自分を守るためらしいよ。誰かを悪者とか除け者にして、自分以外の標的を作ることで自分がいじめられないように守るんだって。本能だから、なくならないらしい』

いじめをする人は満たされていなかったり、自信がない人がしたりすると思っているママも。育った環境によって価値観や考え方が違ってくるので、自分にとっての“普通”が相手にとっての“普通”ではないこともありますよね。

「いじめ」をどのように捉えるかは十人十色ですよね。どこまでも難しく深い問題ですが、わが子が苦しむ姿を見るのはママもパパも辛い気持ちになってしまいます。子どもたちが学校で少しでも楽しい時間を過ごせるようにするために、みなさんならどう対応しようと思いますか?