いじめニュース速報@イジ速

いじめ事件 ・イジメ ニュースを発信中!スマホいじめが増加!子供達をいじめから守ろう!

小6女児がいじめで死亡、同級生2人を児相通告

埼玉県鶴ケ島市で昨年11月、小学6年の女児(当時11)が自宅敷地内で死亡し、市教委の審議会がいじめを受けていたと認定した問題で、県警は同級生でいずれも12歳の少女2人が不当な金品要求をしていたとして、児童相談所に通告した。3月26日付。

死亡した女児は自宅2階から飛び降りたとみられている。県警によると、2人は昨年9~11月に複数回、女児とコンビニに行き、菓子や飲料代を支払わせていたという。市のいじめ問題調査審議会は、今年3月27日にまとめた報告書で「女児に対するいじめがあり、死亡との関連性が認められる」としていた。

 浅子藤郎・市教育長は「非常に重く受け止める。私たちにも事前にいじめを把握できなかった反省すべき点がある」と話した。

 

埼玉県鶴ケ島市で11月、自宅敷地内で死亡しているのが見つかった小学6年の女児(11)が、いじめにあっていた可能性が高いことが市教委の調査でわかった。市教委は27日、いじめ問題調査審議会を設置し、第1回の会合を開いた。

 女児は自宅2階から転落して自殺したとみられている。審議会は弁護士や小児科医ら5人で構成。会合後の会見によると、父親が学校側に提供した女児のスマートフォンの画像には、SNS上に書き込まれた同級生からの悪口などがあったという。児童らへのアンケートや聞き取りでも「いじめの疑いがある複数の事象」を把握したという。市教委はいじめられていた可能性が高いとみている。

 父親は、女児がいじめられていたとの認識を学校側に伝え「事実を明らかにしてほしい」と求めているという。審議会は、いじめの有無を検証して死亡との関係を調べ、来年3月中に再発防止策の提言とともに報告書をまとめる予定。

 

山村留学生 親元を離れる子を受け入れる

四方を山々に囲まれた奈良県北山村。春、桜が咲き誇り、渓谷が桜色一色に染まる頃になると、大阪や京都の子供たちが、山を越えて村にやって来ていた。

村唯一の小学校、下北山小では豊かな自然環境を生かして7年前まで山村留学生を受け入れていた。中には育児放棄、いじめ、不登校など様々な事情を抱え、親元を離れる子もいた。

 40年間村で教員を続けた西岡千種さん(65)には、忘れられない男の子がいる。教室での繕うような笑いが気になっていた。1年半後、村でもいじめを受けていることがわかった。放課後の教室で2人向き合い、「何があってもあなたの味方よ」と何度も伝え続けた。卒業間近、男の子は初めてささいなことで感情を出して泣いた。「心のふたを開いてくれた気がした」。少し殻を破ってくれたことがうれしかった。

 桜の季節、村を去った子供たちとの日々を振り返る。どっしりと立ち、毎年変わらず花を付ける桜にいつも心が安らいだ。そんな風に自分も子供たちの心を支えられただろうか。4月、桜祭りのため教え子たちが村に戻る。「よう来たね」。桜のように変わらぬ姿で迎えるつもりだ。

 

沖縄 小4自殺

2015年10月、豊見城市の公立小学校に通う4年の男子児童が自宅で自殺した件で、市教育委員会が設置した第三者委員会(委員長・天方徹弁護士)は30日、「繰り返されたいじめが自死の主たる要因の一つだった可能性がある」とする調査報告書を答申した。学校がいじめを正しく理解し、適切な対応を取っていれば自殺を防げた可能性も指摘。「重篤でないいじめでも自死を引き起こす場合があることの周知が必要」などと提言した。

いじめ調査報告書の骨子

三者委は、自殺の5カ月前から男児に行われた「ズボンを下ろされる」「複数の児童が男児の筆箱をパスして回す」「引き出しを開けられのりを勝手にいじられる」など5件のいじめを認定。男児の傷つきやすい性格や学業不振、大好きだったエイサー団体退団による喪失感など「複合的な要因が関係して自死が引き起こされた」と判断した。

 また学校が、いじめ防止対策推進法で定めるいじめの定義「児童が苦痛を感じているもの」を正しく理解せず、いじめに当たる事案を「児童間のトラブル」と捉えたため、早期発見を妨げたとした。

 男児は自殺2週間前に行われたアンケートで「いじわるされたりぬすまれたりしていやになっててんこうをしようかな」などと回答。天方委員長は「児童がSOSを出したのに、具体的な対応がなされず自死を招いた可能性がある」と学校の対応を批判した。市教委の対応については、いじめによる自殺が疑われる「重大事態」と認定しなかったため、自殺に至る背景調査が遅れる原因になったと問題視。その上で、一定規模以上の全ての小学校でいじめ防止に特化した教員配置などを提言した。

 照屋堅二市教育長は児童と遺族に謝罪し「学校は夢を育む場であり、5件のいじめが認定されたことは残念だ。報告書の内容を検証し、よりよい教育につなげたい」と述べた。男児の遺族は「(報告書の)内容は事実に沿ったもので評価したい。息子の死が少しでも今後のいじめをなくすことに役立つことを願う」とのコメントを出した。

 市教委は自殺翌月の15年11月、旧第三者委を設置。しかし「自殺に至る背景調査」に諮問内容を変更したことなどから解散。沖縄弁護士会や県臨床心理士会の推薦者ら6人で16年3月に現第三者委が発足。31回の会合を開き、児童や教員らから聞き取りをした。

 

いじめ経験を大人になるまで引きずり…… 医師の力で立ち直った体験漫画

容姿を馬鹿にされた経験から始まり、いじめによって不登校になり、結果として大人になるまで引きずってしまった――そのつらい日々から立ち直るまでの経緯を描いたエッセイ漫画がTwitterで話題になっています。

1人でも多くの方が救われますように

 作者は、プロ野球のイラスト投稿で人気を集めているこうざと明(@akira_moromoro)さん。中学の頃はおとなしい普通の生徒だったらしく、からかわれてもお遊びの範疇(はんちゅう)だとして言い返しながら過ごしていました。しかしある日、クラスのお調子者からの「すっっっごくブサイクですよねー」という一言によって日常が一変。その一言で教室のみんなに笑われ、中には時々話しかけてくれていた女の子の笑い声もあり、「そっか、私は友達じゃなかったんだ」と悟ります。

 

  漫画1ページ目の画像きっかけとなったできごと

 

 それからは馬鹿にされる行為がいじめに過激化。こうざとさんは学校を休みがちになってしまいます。勇気を出して担任の先生にいじめを受けていることを打ち明けるも、数日後に担任からは「◯◯君達はそんなことしてないって言ってたから」といじめっ子達の肩を持つ返事が。「これがとどめとなり、私は完全に不登校になった」と振り返ります。

 

  漫画2ページ目の画像一人ぼっちになってしまったこうざとさん

 

 家では「容姿でいじめを受けた」ということが恥ずかしくて言えません。親には「学校に行け」と怒られ、ますます居場所を失っていきます。高卒認定を駆使して高校を5年がかりで卒業し、気付けば20歳に。化粧を覚えおしゃれを楽しむ同世代の女の子と自分を比べては、ツラい気持ちに支配される日々。「笑い声は全て私に向けられている」と、人への恐怖や不信感に苛まれるようになってしまいました。

 

  漫画3ページ目の画像外出もできなくなりました

 

 そんな時、こうざとさんは趣味の野球に出会います。趣味のおかげでいろいろな「欲」も生まれ、外が怖くて避けていた病院にもついに通い始めることができました。病名がつき、薬を飲み始めるとどんどん良くなっていったと言います。今ではすっかり普通の生活を送れるようになり、街中も歩けるようになったそうです。漫画は「メンタル病んだら病院へ」「つらくなったらカウンセリングへ」と強調し、締めくくられています。こうざとさんの体験談を参考に、何かのきっかけとして、病院へ行ってみることも選択肢に入れると良いかもしれません。

 

  漫画4ページ目の画像一歩一歩着実に進んでいき、ついにアルバイトができるように。

 

 リプライ欄には自らの経験と重ねた方、身の回りの方の境遇と重ねた方からのコメントが殺到しました。いじめられた側は、学校を卒業していじめっ子達と離れ離れになっても、ずっといじめの中にいます。しかし病院の力を借りることで、そんな状況が好転することもあるのですね。

 

小6女子達 "悪夢のいじめパーティー"

子供たちはなぜ残酷ないじめに走るのか。そして、もしわが子がいじめ被害者になったら、どんな対応をすればいいのか。これまでに5000件以上の相談を受け、今も解決に奔走する私立探偵が、「いじめの現場」を解説する。連載第1回は、小学6年生の女子グループで起きた「悪夢のいじめパーティー」について――。
写真=iStock.com/Misaki Saito

いじめ行為は、そのほとんどが大人の世界であれば刑法犯に当たる。殴る蹴るなどは暴行罪、悪口を言う、暴言を吐くなどは名誉毀損(きそん)になるだろうし、加害者が被害者を思い通りに従わせているようなケースでは、その経緯に強要罪に当たる行為があるだろう。性的行為が伴うもの、自殺の練習をさせる行為などは、間違いなく犯罪そのものである。
また、仲間はずれについても、人権侵害行為であることは間違いない。限られたコミュニティの中に生きる子どもが、その仲間の中で存在を否定されるのであるから、心への傷害行為に等しいとも言えるのだ。

誕生日を祝ってあげると誘われて

ある小学6年生の女子児童のケースを見てみよう。自分の誕生日をクラスメートが祝ってくれるという話が持ち上がり、彼女はその会場となった友人の家に、目いっぱいおしゃれをして向かった。

実は彼女は、この友人グループ内ではいわゆる「いじられキャラ」扱いをされており、貸した物を返してもらえなかったり、グループ内で自分だけ外された別のグループが作られていたりすることに苦痛を感じていた。だからこそ、友人たちが誕生日を祝ってくれることがうれしかった。前日の日記には、祝ってもらうことの喜びや、普段は冷たい友人たちをほめたたえる言葉が踊っていた。

ところが、用意されたバースデーケーキのろうそくの火を吹き消したとたん、彼女は両脇にいた2人の女の子に後頭部を捕まれ、思い切りケーキに顔面を押し付けられた。顔はケーキまみれ、襟(えり)口なども生クリームなどでベトベトだ。何が起きたかわからずに顔を上げると、他の子たちはスマートフォンで何枚も彼女の写真を撮っていた。その場にいた全員が大爆笑しながら、写真をいろいろなLINEグループに送り始めた。

「やめて!」。そう抗議する彼女を、他の子供たりはむしろ攻め立てた。せっかくあなたがウケを取れるよう、ケーキを1つダメにしてまでみんなでお膳立てして「あげた」のに、怒ったり泣いたりするのはおかしい、と。

とっさにうまく反論できなかったものの、それでもこの場にいることが何より苦痛だと感じた彼女は、そこから逃げるように駆け出した。走りながら、「良かったね」と優しく送り出してくれた母の顔を思い出し、このまま帰ったら母を悲しませると思った。自然と、その足は家路ではない方へ向かった。

公園のトイレで顔を洗い、そのまま向かった先は、小学校低学年まで住んでいた団地だった。このままあそこから飛び降りたら、自分がどんなに苦しかったか、あの子たちにわからせることができるかもしれない。そんな思いと、母の笑顔が、彼女の頭の中で交錯した。

私は、彼女の母親からそれまでにも何度かいじめの相談を受けており、この件の一報を受けたときは、同じ区内で別の打ち合わせをしたその帰り道であった。人を探すのは私の得手な調査であったから、この女子児童が階段の踊り場で階下をのぞき込んでいるところを、無事保護することができた。

しかし、もしも私の発見が遅かったら、母の笑顔を思い出せなかったら――。ボタンが1つでも掛け違っていれば、彼女は自殺してしまっていたかもしれない。

反省しない子、逆ギレする親

この後、私は何が起きたかを聞き取ってから、被害者である彼女とその母とともに、いじめた側の連中に抗議しに行くことになった。彼らがばらまいた例の写真はすでに拡散しており、若干の「炎上」を起こしていた。

その場で反省し、謝罪をする親子もいたが、遊びだったと一切反省をしない子、子供のやることに親が出てくるのは間違いだと、抗議することそのものに反論した親もいた。そのくせ、自分が同じ目にあうことは嫌だとも主張する。

こうした子や親と話していると、未成年に強要して違法行為をさせたり、女性を脅してアダルトビデオに出演させるようなアウトローと、なんら変わらない思考回路の持ち主だということがわかる。そんな加害者とのぶつかり合いを経て、被害者は自らの常識や許容範囲を超えた、到底受け入れられないような別次元の考えを持つ人物の存在に気づくのだ。

ところが、クラス主義で団体行動を基礎とする学校社会では、このような危険な人物がいても、いじめの被害者は彼らと同じ空間で、表面上は仲間として過ごす事を強要される。法律上は、未成年の犯罪行為は刑法犯としては裁かれることはない。だが、いじめの加害者のしていることは犯罪行為と何ら変わらないのであり、被害を受けた者の心身の痛みは、法の定めとは無関係に、犯罪被害を受けた者と同じなのである。

それが、被害者が子どもだからという理由で、容易に癒やされたり回復したりするものだと考えていいのか。答えは否である。

大人になっても残る心のダメージ

いじめ事例ではよく、学校が介入して加害者による「謝罪の会」を急いでセッティングしようとして、被害者側がこれを「時期尚早」と拒否するケースがある。これこそ、学校側も加害者側もいじめ被害を軽く見ているから起きる事態だ。いじめの被害が、冒頭に述べたように犯罪被害となんら変わらず、被害を受けた者の心身の痛みも同等だと考えることができれば、学校も加害者もこんな愚かな対応はしないだろう。だが、実際にはこうした無神経な対応が無数に行われている。

被害者の心のケアなどについても、ほぼ無整備といえるくらい具体的な体制がない。いじめによる心理的ダメージは、被害者によって個人差があり、いじめ行為の状況によっても大きく異なる。そのためか、被害者に向かって「いじめへの耐性をつけるべきだ」とか「強くなれ」と要求するような、誤った指導も横行している。

私はあるSNS(会員制交流サイト)で、元いじめ被害者のコミュニティに参加しているが、30代を過ぎてもいじめのトラウマ(心的外傷)に悩み、心が壊れてしまったり、社会人として就業ができなかったり、人との距離感がうまく取れずに悩み続け、常に重いストレスの中で生活していたりする方が多数いることを実感している。

わが子のフォローは保護者主体で

もしわが子がいじめの被害を受けた場合は、保護者が主体となって、被害を受けた子のフォローをするしかない。学校への登校は、無理をさせる必要はない。特におなかが痛くなったり体調不良が出たりする場合は、欠席も重篤な被害を回避するための効果的な方法だと考えたほうが良い。

本来は、学校がカウンセリングの案内などをすることになっているが、案内がない場合や地域行政としてそのようなフォローがない場合は、自分でカウンセラーを探す必要がある。基本はダメ元ぐらいのつもりで相談し、カウンセラーとの相性が悪ければ、さっさと別のカウンセラーを探す。無償の電話相談などは、匿名で相談できる気軽さはあるが、筋が良ければラッキーぐらいに心得ておく必要があろう。

 

小中学校で道徳を正式教科に、いじめ自殺の遺族「逆効果」と懸念

åç

小中学校で道徳を正式教科に昇格させる大きな意義として、文部科学省はいじめ問題への対応を挙げ、各教科書ともいじめに関する内容を扱っている。だが、いじめによる自殺で子どもを亡くし、教育現場で講演活動を続ける遺族の女性は、教科書に沿って教え、教員が子ども一人一人に評価を付けるやり方は「逆効果」と指摘する。 (柏崎智子)

 検定に合格した各社の中学道徳の教科書では、読み物に加え、登場人物の気持ちを考える視点を提示したり、生徒同士で演じて議論するよう促す仕掛けも盛り込まれた。会員制交流サイト(SNS)などのネットいじめにも触れている。ある教科書会社の担当者は「いじめの記述にはかなり力を注いだ」と強調する。

 しかし、二十年前にいじめによる自殺で高校一年生だった長女を亡くした横浜市の小森美登里さんは「子ども一人一人の感じ方や胸に落ちるまでの時間はさまざま。先生と生徒の上下関係がある中で、統一の教科書を使って教え込み、評価まですると、子どもの感じる力に枠をはめてしまう」と懸念する。

 十五年前からNPO法人「ジェントルハートプロジェクト」の理事として、いじめを減らす活動を続け、これまでに学校を中心に千四百カ所以上で子どもたちや教員、保護者らを対象に講演してきた。「正しい結論」は出さず、考えるきっかけをつくることを心掛けている。だから「いじめはいけない」「命は大切」とは絶対に言わない。「分かりましたか」と念を押すこともしない。

 いじめを防ぐカギは、いじめてしまう側の子どもの心へ響く働き掛けだと感じている。講演では最初に「途中でトイレに行ってもいい。眠かったら寝てもいいよ」と伝え、いじめっ子たちへ逃げ道を用意しておく。「もぞもぞ動いて笑って居づらそうにしたり、寝たふりをしたりでもいい。それが葛藤している証拠だから」

 東京都内の中学教諭(26)も、道徳の教科化がいじめ防止につながるという考えに違和感を持つ。「人の気持ちが分かればいじめをしなくなるという前提のようだが、いじめっ子はどうすればどれくらい他人が傷付くか分かってやっている」

 特別活動や学校行事と並ぶ扱いで授業が行われている今は、子どもたちの状態に合わせた教材を選ぶことができる。正式教科になれば、「いじめはいけない」というトーンに貫かれた教科書が使われ、授業へ積極的に参加する姿勢が評価されるようになるという。

 この教諭は「教科書ができると『授業をこう進める』という形が決まってしまう。教員にとってある意味やりやすいが、子どもは評価を気にして思ってもいない立派な感想を書くようになるのでは」と心配する。

 教科書を使った道徳の授業は小学校ではこの四月から、中学校ではその一年後に始まる。小森さんは授業を担当する先生たちへアドバイスを送る。「教えようと思わないで、まず、あなたには自由に幸せに生きる権利がある、と一人一人に伝えることから始めてほしい。愛され、必要とされ、幸せに生活する子どもは誰かを傷つけようという発想はしないから」

åç

 

出版社8社全てが「いじめ」を取り上げ 2019年度から使われる新しい教科書

f:id:ryoushinn11:20180408232146p:plain

2019年度から使われる新しい教科書の検定結果が27日公表された。中学校の道徳では全ての教科書でいじめの問題や、インターネットの適切な利用に関する題材が取り上げられた。高校の教科書には流行したアニメや音楽も登場し、世相を映し出す内容となった。

全社取り上げる

 19年度に「特別の教科」になるのに伴い、初めて検定を受けた中学校の道徳の教科書は、8出版社全てが「いじめ」を取り上げた。11年に大津市で起きた中学生のいじめ自殺が教科化のきっかけで、学習指導要領はいじめについて「解決に向けて取り組む態度を育てる」と明記している。文部科学省は「身近な問題として自分にひきつけて考えさせる教材が多い。小学校に比べ、より複雑で深刻なテーマを取り上げている」と解説する。

 多くの教科書が、いじめをテーマにした読み物を扱う「直接教材」と、友情や思いやりなどを描いた作品を通していじめについて考えさせる「間接教材」を均等に取り上げた。

 文科省が作成して14年度から副教材として活用された「私たちの道徳」に掲載されている「卒業文集最後の二行」は五つの教科書が収録。小学6年の時に級友をいじめた筆者が、その子の書いた「私が一番ほしいものは、本当のお友達」などという作文の最後の2行を読んで涙し、大人になった今も悔いているという内容で、「いじめや差別が起きる原因は何か」などを考えさせる。

ネット適切利用考え議論させる

 道徳では、メディアリテラシー(メディアの情報を読み解き精査する力)や情報モラルへの理解を深めるため、全ての教科書にスマートフォンソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を扱った教材が取り入れられた。

 東京書籍は、友人にSNSで送った高校の合格通知の写真が拡散され、不合格になった別の友人がそれを見て不快な気持ちになった話を紹介。廣済堂あかつきは、「変顔(へんがお)」の写真を一緒に写した友人に断らずに別の友人に送り、一緒に写した友人を怒らせてしまう話を採用した。いずれもインターネットやSNSを利用する際に気をつけるべきことを議論させる内容になっている。

 また、光村図書は「ネット依存について考えよう」と題したコラムを掲載。ネットゲームの依存について報じる新聞記事を読ませ、スマホの適切な利用を考えさせている。

高校英語、4技能に目配り

 高校の英語は「コミュニケーション英語3」と「英語表現2」の2科目29点が合格した。学習指導要領が育成を掲げ、大学入試でも今後重視される「読む・聞く・書く・話す」の4技能を伸ばすための工夫が各所に見られた。

 コミュニケーション英語3の三省堂の教科書は、題材を聞いたり読んだりした後、内容について話し合う活動を取り入れた。賛否の例文を掲載し、生徒が自分の意見を考えるヒントを与えている。啓林館は教科書の冒頭に、英語力の国際指標とされるCEFR(セファール)の表を載せ、自分の4技能がどのレベルにあるかを確認できるようにしたほか、取り上げた練習問題のレベルも分かるようにした。

 一方、練習問題に「各種の資格試験などでよく出題される」と紹介したり、大学入試の過去問と分かる印を付けたりしたものは検定意見が付き、各社はその部分を削除した。文科省教科書課の担当者は「問題練習の目的が本来の4技能を高めることではなく、資格試験や大学入試のためと誤解される恐れがある」と理由を説明した。

ネット引用、信頼性は?

 教育出版の中学校道徳には各学年とも「都道府県にゆかりのある人物と、その言葉」として著名人の名言が掲載された。うち8人について、引用元がインターネットの個人運営などのサイトであることから「信頼性のあるものが選ばれていない」と検定意見が付き、他の言葉や人に差し替えられた。

 2年の島根県の欄は、テニスの錦織圭選手の「自分の中に何か一つあれば強くなれる」だったが、管理者不明で誰でも書き込めるサイトから引用していた。検定意見を受けて、医学博士・永井隆の「如己愛人(にょこあいじん)-己の如(ごと)く人を愛せよ」に変更した。教科書検定でも情報の真偽を検証する「ファクトチェック」が重要になっている。

君の名は。」やイシグロ作品も

 話題となった映画や音楽、文学も高校の教科書に登場した。

 日本文教出版は美術3の「アニメーションの技法」で、連続する絵を1枚ずつ描いて動きを表現した作品として、16年に公開され、邦画で歴代2位の興行収入を記録した「君の名は。」(新海誠監督)を取り上げた。14年公開の三次元コンピューターグラフィックス(3DCG)によるアニメ「STAND BY ME ドラえもん」(八木竜一、山崎貴監督)も併せて掲載し、作風の違いによるアニメの楽しみ方を紹介した。

 教育出版は音楽3に「空の声が聞きたくて……」と桐谷健太さんが歌う携帯電話会社のCMソング「海の声」を載せた。

 第一学習社のコミュニケーション英語3は、17年のノーベル文学賞を受賞した長崎市生まれの英国人作家、カズオ・イシグロさんの「チェリスト」を収録した。