読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いじめニュース速報@イジ速

いじめ事件 ・イジメ ニュースを発信中!スマホいじめが増加!子供達をいじめから守ろう!

「いじめ」のもたらす影響をリンゴを使って子どもたちに教えた授業がSNSで「素晴らしい教え方だ」と話題!

f:id:ryoushinn11:20160711133610p:plain

 

翻訳

今日の一人に, 私たちのクラスの子供たちに紹介された二つのりんご(子供たちは知りませんでしたが, このクラスの前に私を落としてを繰り返したリンゴの床の上に, あなたの区別がつかなかった, りんごの両方を完璧に見えた). 私たちはりんごについての話をして子供たちはリンゴの両方を同じに見えた. いずれも赤, がほぼ同じ大きさのを見て, ジューシーに十分に食べます.
私はリンゴを拾ったので床に落とし, を話し始めた子供たちはどのように私が嫌ったこのリンゴ, 私は嫌だと思ったのに, それは恐ろしいカラーと幹はただ短すぎます. 私は彼らに言ったことがなかったので, 私はそれが好きたくなかったが, かれらのように, かれらが名を呼んでます.
子供達が私を見たのですが. 狂ったが, 私たちは, アップルの周りのサークルと, 名前に"君は臭いapple ', "私はなぜなのかさえ知らない', "君 は たぶん, 虫 君 の 中 に"など.
私たちは本当にこのかわいそうなリンゴを引っ張ってしまった. 私は実際に感じ始めました. 申し訳ありません. 小さい奴だ.
私たちはそこで別のappleの周辺に渡されたのが始まりと言う優しい言葉は, それを"あなたは素敵なapple ', "お肌は美しい', "きれい な カラー は"など.
私はそこでリンゴの両方を上げて, 再び, 私たちについての話との類似点相違があったが, 変更なし, リンゴはまだ両方同じに見えた.
私はそこでリンゴを切って開けた. アップルの私たちに親切にされたのは明らかだった, 新鮮な, 中ジューシー.
アップルの私たちに言った言葉に不親切だった傷とすべての内側を食う.
私が思うに電球があったが, 今すぐに子供たちのために. 彼らは実際にはそれを見て, 私たちの内側には, アップルの打撲, 言った通り, 壊れたビットは何が起こってる毎日の中の一人たちは私たちがそのmistreats言葉や行動に表れる.
いじめられた時は, 特に子供たちは, 彼らの内部と恐ろしい感じないこと, または他人の教えをどのように感じている. もし私たちが切っていなかったことを, 私たちはリンゴを開くことがどれくらい痛みを起こした.
私は私自身の体験の共有の苦しみを誰かが不親切だ先週の言葉. 外に見て[ok]を, 私はまだ微笑んだ. しかし, 中に誰かが私を引き起こしていた多くの痛みを自分の言葉で, 私は痛みがあった.
リンゴとは異なり, 私たちの能力にはこれをやめてから. 私たちは子供たちを教えることができます. それは大丈夫じゃないと言うものに不親切だと, お互いに話し合って他人をどのように感じます. 私たちを教えることができます私たちの子供たちのために, 立つようにお互いを止めるには, いかなる形でもいじめのように, 一つの小さな女の子でしたが, 今日は彼女の言うことを拒否した言葉不親切にアップル.
ますます多くの痛みや損傷が起こる場合, 中には誰も何もいじめを止める. 作成してみましょう, 次世代の子供たちが親切にします.
舌骨がないが, 十分には強い心を破る. だから, 気をつけて, あなたの言葉である.
******** 編集********
うわー, 私は思っていなかったこれにこの種の反応が, 多くの質問をされていてビビると思ったんですが, 数点を明らかにした.
アップルの赤いリンゴを確保するため, 残りのような姿に被害はなく, それをたたいた内部の繰り返し(やさしく)が床の上に何度も. あなたに触れることができたのを感じますが, あなたはそれを見てませんでした. 誰もこのことに気づいたクラス内.
Appleの後は, 切ったオープンの影響が作られた, 私たちはどのように論じてください, アップルあざセッションの前に点を, 私たちがよく見えない痛みの原因の人たちの言葉. それはとても強力なインパクト. 子供たちはそれを理解し, 子供たち.
この中にリラックスしてキッズクラス(クラス)と子供たちが提供ツールや技法を管理するために自分の感情と感情, を通して私たちのユニークな七歩たちが提供して子供たちは戦略とソリューションを管理するために不安やストレスはありますか. すべての私たちの活動の促進, チームワーク, ピアサポートについては, 紛争の解決, 自尊心と自信と子供たちは, どこに行くには, サポートが必要な場合は.
ありがとうございます, すべてのあなたの素晴らしいサポート, 優しい言葉と.
私は似ている自覚があり, その活動をされたことが何回も私の前で, 仲間のコーチや教育. 私は見たアクティビティ年前場所のappleに放り出された階で子供たちには, 身体の痛みます. 私は非常に感謝し, このビジュアルを襲った. それは本当に私と和音をもった.
しかし, 私のレッスン中, 私は本当にに集中するだけの力を私たちの言葉や被害が生じることがあり, 私たちの内側の痛みを見ることができない.

 

授業を行ったのは子どものメンタルヘルスをサポートする英国の団体Relax Kidsのロージー・ダットンさん。ダットンさんは授業の前によく似た2つのリンゴを用意し、片方を何度かそっと床に落としておきます。こうしても、リンゴの見た目はほとんど変わらないそうです。

Relax KidsのWebサイトでもリンゴのエピソードを取り上げている

 授業ではダットンさんは2つのリンゴを子どもに見せ、落としておいたほうのリンゴを取り上げ、いかに自分がそのりんごを嫌っているかを語ります。色が悪い、茎が短いなどリンゴをけなし、子どもたちにもそのりんごを嫌いになってほしいと伝えます。さらに皆で輪になり、リンゴを回しながら「くさい」「きっと虫がついてる」といった言葉を投げかけていきます。それが終わった後は、今度は落としていないほうのリンゴを「色がきれい」など褒めながら回しました。

 2つのリンゴが外側は同じように見えることを確かめた後、ダットンさんはそれぞれを半分にカットします。ほめられたリンゴの方はキレイな断面をしていますが、けなされたほうは中はあざのように変色し傷ついています。

児童センターや学校で15年働いた経験を持つダットンさん

 「子どもたちにはすぐに分かったようです。リンゴの中に見えたあざや潰れた部分は、他人からひどい言葉や行動を受けたときに私たちの中でも起きていることだと」とダットンさん。外側からは見えなくても、ひどい言葉を投げつけられると心は傷つく――彼女はリンゴを使ってそれを教えたのです(リンゴをあらかじめ落としておいたという種明かしもちゃんとしたそうです)。

 「りんごとは違って、私たちには止めることができる」「舌には骨がないけれど、心を壊すほどに強い。だから言葉は慎重に使いましょう」とダットンさんは語っています。

 この授業の内容を紹介したFacebook投稿には「賢明な教え方だ」「素晴らしい」と賞賛の声が寄せられています。